「バルセロナ、土産、クリスマス」に関連する現地ガイド記事

「バルセロナ、土産、クリスマス」に関連する現地ガイド記事

バルセロナ、土産、クリスマスに関する現地ガイド記事を集めました。バルセロナ、土産、クリスマスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

食の都リヨンを基点に安く周遊の旅を満喫

[2015/03/06] 風香

フランスの食の都と言ったら、リヨンを思い浮かべる方も多いでしょう。世界遺産登録された旧市街には、数々の名店があります。中世の町並みを色濃く残した旧市街を散策しながら、本場のフレンチ料理を堪能するのも旅の醍醐味。旧市街には魅惑的な美術館も多いので、1日いても飽きないでしょう。しかも、フランス国鉄がリヨンを基点に魅惑的な移動プランを提案しています。少ないバカンスを少しでも有効に使うために考案されたIDバス。寝ている間にパリや、バルセロナ、ミラノなどの大都市に移動することが可能です。しかも、2週間前く… 続きを読む



スペインへの旅行準備

[2013/10/21] 各国現地ガイド

■治安地下鉄や観光地などでは、スリや置き引きが多く観光客は特に狙われているので繁華街などでは特に注意が必要です。マドリッドやバルセロナでは偽警官の被害もでています。私服警察がパスポートや財布、パスポートを求めることはないので、注意しましょう。■トラブルに巻き込まれた時スリや置き引きにあったときはクレジットカード会社に連絡し、最寄の警察に被害届をだしましょう。被害届は保険の請求などで必要となります。またその他強盗や交通事故などでは警察(番号112)、同番号で救急車も要請することができます。■マナー… 続きを読む



お土産にいかが?カタルーニア伝統のお菓子をつくるCASA GRAUPERA

[2010/11/19] 鈴木美佐子

クリスマスシーズン、カタルーニア地方で食後のお菓子としての定番NEULAS( カタルーニア語・ネウラス)。薄いクッキー生地を焼いてロール状に丸めたもので、カタルーニア地方では古い歴史があるお菓子です。他のヨーロッパでも似たものがありますが、NEURLASはラテン語で霧という語源の通り、口当たりが軽いの特徴です。最近では中にトゥロンが詰められているもの、アーモンドやチョコレートがかかったものなど様々なバリエーションが広がり、クリスマスシーズン以外でもよく見かけられます。 続きを読む



バルセロナで一番古いお店!Cereria Subira

[2009/12/01] 鈴木美佐子

バルセロナ市内でウインドーショッピングが面白いエリアと聞かれたら、まず一番にあげたいゴシックエリア。大聖堂を中心に、石畳の細い路地には古くから続くお店があったり、日本では見たことのないお店に出会ったり、歩いているだけで楽しくなってしまうそんなエリアです。今回ご紹介するお店もそんなお店の一つ。Cereria Subira(スビラ )はろうそく専門を扱う、バルセロナで一番古いといわれているお店です。 続きを読む



クリスマスのスペイン菓子、TURRON(トゥロン)をお土産に!

[2008/11/25] 鈴木美佐子

TURRON(トゥロン)というお菓子をご存じでしょうか? イタリアではTURRONE(トゥローネ)、フランスではNOUGAT(ヌガー)と呼ばれる、アーモンドを蜂蜜、砂糖、卵白で固めたお菓子のことです。このお菓子の歴史は古く、古代ローマ時代にさかのぼるとか。または8世紀にイスラム勢力統治されていたアンダルシア地方で作られたという説もあります。16世紀の文献にレシピが残されているほど! 古くから多くの人に愛されているお菓子なのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 バルセロナ、土産、クリスマス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。