「バンクーバー、グランビルアイランド」に関連する現地ガイド記事

「バンクーバー、グランビルアイランド」に関連する現地ガイド記事

バンクーバー、グランビルアイランドに関する現地ガイド記事を集めました。バンクーバー、グランビルアイランドの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

バンクーバーならではの地ビールが楽しめるスポット

[2010/04/24] 西澤律子

地元の人々や観光客でいつもにぎわっているグランビルアイランド。その名を冠した人気のグランビルアイランド・ビールは、ここで造られているのです。そのビール醸造所であるグランビルアイランド・ブリューイングに併設したパブでは、フレッシュなビールが味わえます。日本にいたときには焼酎派で、ビールに興味のなかった私なのですが、このグランビルアイランドのビールを飲んで以来、その美味しさにはまり、いまではすっかりビール党に。 続きを読む



バンクーバーの初夏のお楽しみ、ジャズフェスティバルがやってくる!

[2010/04/01] 西澤律子

バンクーバー・ジャズフェスティバル。毎年、夏が近づくたび、バンクーバーの人々が楽しみにしているこのイベントは、25回目にあたる今年は、6月25日〜7月4日の10日間にわたって、カナダ国内外から約1800人のミュージシャンが参加して、40会場で、400回ものステージが繰り広げられます。130のフリーコンサートがある太っ腹のこのフェスティバル!10日間で50万人の観客を動員するという熱い、熱いイベントなんです。 続きを読む



ビクトリア発 ナチュラル素材のおしゃれなショップ

[2009/10/19] 西澤律子

カナダに住んでめざめたのが、ナチュラル素材の服のここちよさ。オーガニックコットン(木綿)やヘンプ(麻)、バンブー(竹)といった天然のものを使った服を身につけていると、本当に1日の爽快さがまったく違います。それも結構値段設定も手頃で、センスのいいデザインのものが見つかるからうれしいものです。そういう服を扱ったショップは、、バンクーバーよりビクトリアの方がクオリティが高い気がします。ですので、ビクトリアに訪れる機会があったら、ぜひともナチュラル素材の洋服のショッピングを楽しんでほしいものです。 続きを読む



味よし、眺めよし!グランビルアイランドお手頃シーフードランチはここ!

[2009/06/10] 西澤律子

6月に入り、晴天続きのバンクーバー。気温も20℃を超える日が続き、パティオでのランチが嬉しい季節となりました。そんな時期にぴったりな、おすすめランチスポットの紹介です。その名もGo Fish。人気スポットのグランビルアイランドにありながら、その入り口から見えないところにあるため、知る人ぞ知るお店です。お店といっても、屋台的な雰囲気で、テーブルやカウンター席も全部外。フォルスクリークのフィッシャメンズワーフに面したビューも最高。だから晴れた日にもってこいの一軒なのです。 続きを読む



グランビルアイランドのおしゃれな紙の専門店、その名も「PAPER-YA」

[2009/02/13] 西澤律子

バンクーバーを訪れたら、「ここは外せない!」という一押しスポットのグランビルアイランド。20世紀初めには工場街だったこの小さな島のような半島は、今や個性豊かなマーケットやショップ、レストランが並び、いつ来てもにぎわっている場所です。その中でも、ネット・ロフトの端にあるPaper-Yaは店の名前にもあるように、紙の専門店として約20年根強い人気を保っています。ヨーロッパや東南アジアなど世界中から取り寄せたさまざまなアイテムが並んでる店内にいるだけで、ワクワク気分になることまちがいなし! 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 バンクーバー、グランビルアイランド」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。