「パッチワーク」に関連する現地ガイド記事

「パッチワーク」に関連する現地ガイド記事

パッチワークに関する現地ガイド記事を集めました。パッチワークの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ファン必見!ジェーン・オースティンが晩年を過ごした家を訪ねてみよう

[2016/07/17] ディキンソン恵子

チョウトン村のコテージでは、母親、姉のカサンドラと一緒に住んでいたそうで、現在ジェーン・オースティン・ハウス博物館という記念館として公開されています。館内には、オースティン氏が小説を書くときに使用していた小さな机や、手紙、ジュエリー、パッチワークやソーイング・セットなど様々なものが展示されています。オースティン氏のベッドルームには、当時と同じスタイルのベッドが展示され、普段の生活の様子がわかるようになっています。またラーニング・センターでは、オースティン氏の生涯をビデオ映像で紹介しています。 続きを読む



エベレストより高い!?コトパクシ火山に挑戦しよう!

[2013/11/30] 伊藤篤史

とりわけキトから南に160のラタクンガまでの国道沿いにはエクアドル最高峰のチンボラソ山を筆頭に美しい山々が左右に連なり「アンデスの廊下」とも称されています。麓で暮らしを営むインディヘナの耕す畑はパッチワークのように取り取りで異国情緒たっぷりの高原風景を味わえます。キトからアンデスの廊下を車で1時間30分ほど進むとコトパクシ山国立公園に着きます。地球は東西に少しだけ楕円形であり、地球のコアからの距離で見るとこの赤道直下のエクアドル第二の高峰は、そのままチンボラソ山に次いで世界第二の高さなのです。 続きを読む



ラクダの革製品、骨製品、人形など、ラクダ・グッズ色々あります!

[2010/10/11] すまーふはなこ

砂漠の国、エジプトを象徴する動物といえば一番に浮かぶのは、ラクダ!ですよね!?エジプトのお土産屋にはたくさんのラクダ・グッズが並んでいます!そのなかでも在住者に人気なのが、ラクダの革製品です。ラクダは温度差の激しい砂漠気候に生きているため、その革は耐久性があります。お土産屋の中では、ライターの火であぶって丈夫なことを示そうとするパフォーマンスをしてくれるところもあります。張りのある厚くて頑丈な革ですが、柔らかくて触り心地は抜群です。そのラクダの革で作られたバックや、スリッパ型のサンダル、丸い円柱… 続きを読む



伝統工芸のエジプシャン・パッチワーク、「ハヤメイヤ」が売られるテント・マーケット

[2010/04/02] すまーふはなこ

そもそも「ハヤメイヤ」とは、テント職人を意味します。イスラム地区のズヴェーラ門を抜けたすぐの所に、ハヤメイヤ通りという通りがあり、テント職人の店が集まる場所があります。そこがテント・マーケットと呼ばれる所です。町に飾られている赤や青のきれいなプリントされた大柄の布だけでなく、テントに使われた模様から、各職人独自のデザインを施したイスラミックな模様をパッチワークした布が売られています。それ以外に、古代エジプトのファラオ、スカートを翻すスーフィーダンス、アラビア文字のカリギュラフィなど色々な図柄があ… 続きを読む



編み物好きな人たちに定評のあるNYの毛糸屋さん『purl』

[2008/09/17] ゆずれもん

ここ『purl』では、定期的にニッティングクラスも開かれています(コース別に2時間)。興味と時間があれば、参加するのも楽しいかもしれませんね。また、数軒となりには姉妹店のパッチワークキルトのお店「Purl patchwork」があるので、そちらも立ち寄ってみては。手芸好きな方にはお薦めです! 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パッチワーク」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。