「パビリオン」に関連する現地ガイド記事

「パビリオン」に関連する現地ガイド記事

パビリオンに関する現地ガイド記事を集めました。パビリオンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

隈研吾氏の手によりリニューアルオープン!地元っ子自慢の「ポートランド日本庭園」

[2017/09/06] Rika Higashi

ポートランド日本庭園は、ダウンタウンからも簡単にアクセスできるワシントンパーク内にあります。日本の伝統的な平庭、茶庭、池泉回遊式庭園、枯山水、雑木の庭、坪庭などが鑑賞できるこの庭園は、1963年の開園以来50年以上にわたり、自然との調和や静穏を感じられる空間として大勢の人々を魅了してきました。桜や菖蒲、紅葉など四季折々の美しさがあり、年間35万人という訪問者が訪れます。庭園のほぼ中央にあるパビリオン前からは、ポートランドの象徴で、「オレゴン富士」とも呼ばれる美しいフッド山(Mt. Hood)を眺… 続きを読む



こなれた風情が心安らぐ、ペナン島の老舗ビーチリゾート、シャングリ・ラ ラササヤン

[2017/06/20] 古関千恵子

シャングリ・ラといえば、数々のアワードに輝くCHIスパを受けなくては! 緑のガーデンの一画にあり、緑の小道を抜けてレセプションのあるメインパビリオンへ。涼やかな水音が響く中、中央に巨大なストーンが鎮座し、パワーがもらえそう。11棟のスパヴィラはトリートメントルーム、屋外レインシャワー、プライベートガーデンを持つ、ゆったりとした間取り。中国とマレーシアの伝統的なトリートメントが人気です。また、デイリーアクティビティの中には毎朝、太極拳やヨガなどの無料ウェルネスプログラムも。気持ちのいい朝を迎えまし… 続きを読む



シェーンブルン宮殿敷地内の隠れ家的カフェ。子連れにもおすすめ!〜Landtmann's Jausen Station〜

[2017/05/02] バレンタ愛

小さな動き回る子供がいても、ベビーカーを押していても、このカフェなら気兼ねせずに楽しめます。小さなパビリオンが中心にあり、その周りにカラフルな椅子が置かれたテーブルが配置されています。スペースもたっぷり確保、そして子供の遊び場も完備されているので、ちょっとしたピクニック気分で、ウィーンの本格的なカフェの味が楽しめるのです。もちろん子連れじゃなくても、ホッと一息つける緑と花に囲まれた素敵なリラックススポットなので、観光の合間に、また素敵な庭園のお散歩の休憩に・・・と是非気軽に立ち寄って欲しいカフェ… 続きを読む



「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台へ

[2017/03/29] バレンタ愛

マリアと子供たちが歌いながら通るモーツァルト小橋はザルツァッハ川にかかっています。ここからホーエンザルツブルク城塞も見え記念撮影するにもとてもいい場所です。「ドレミの歌」を練習したメンヒスベルグからは旧市街全体を見渡せる素敵な景色が望めます。そして「ドレミの歌」を歌いながら通り抜けるミラベル宮殿の庭。他にもレジデンツ広場、ノンベルク修道院やザンクト・ペーター墓地、音楽祭会場などあり見どころがたくさんのザルツブルグ市内です。郊外にはトラップ邸として使われたフローンブルグ宮殿と、レオポルドスクロン宮… 続きを読む



ヌサドゥアのザ・リッツ・カールトンバリの大型スパが2015年11月オープン!

[2016/07/02] 古関千恵子

スイートとヴィラは全313室。広さは88平方メートル以上を確保し、仕切りを開けばひと続きになるモジュラー設計。もっとも数が多いザ・サワンガンジュニアスイートには、ラグーンプールにアクセスできるタイプや、クラブラウンジを利用できるタイプも。ちなみにクラブラウンジはプライベートチェックインができる上、1日5回サーブされる食事には3段トレイのアフタヌーンティー・サービスも。また、ヴィラのうち、ポピュラーなのがザ・プールパビリオン。室内からプールへ直接入れるテラスへつながったデザインが特徴です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パビリオン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。