「パビリオン」に関連する現地ガイド記事

「パビリオン」に関連する現地ガイド記事

パビリオンに関する現地ガイド記事を集めました。パビリオンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台へ

[2017/03/29] バレンタ愛

マリアと子供たちが歌いながら通るモーツァルト小橋はザルツァッハ川にかかっています。ここからホーエンザルツブルク城塞も見え記念撮影するにもとてもいい場所です。「ドレミの歌」を練習したメンヒスベルグからは旧市街全体を見渡せる素敵な景色が望めます。そして「ドレミの歌」を歌いながら通り抜けるミラベル宮殿の庭。他にもレジデンツ広場、ノンベルク修道院やザンクト・ペーター墓地、音楽祭会場などあり見どころがたくさんのザルツブルグ市内です。郊外にはトラップ邸として使われたフローンブルグ宮殿と、レオポルドスクロン宮… 続きを読む



ヌサドゥアのザ・リッツ・カールトンバリの大型スパが2015年11月オープン!

[2016/07/02] 古関千恵子

スイートとヴィラは全313室。広さは88平方メートル以上を確保し、仕切りを開けばひと続きになるモジュラー設計。もっとも数が多いザ・サワンガンジュニアスイートには、ラグーンプールにアクセスできるタイプや、クラブラウンジを利用できるタイプも。ちなみにクラブラウンジはプライベートチェックインができる上、1日5回サーブされる食事には3段トレイのアフタヌーンティー・サービスも。また、ヴィラのうち、ポピュラーなのがザ・プールパビリオン。室内からプールへ直接入れるテラスへつながったデザインが特徴です。 続きを読む



スペースシャトル・エンデバーに遭遇だ

[2015/05/19] 大山真理

スペースシャトル・エンデバーの展示で話題になった「California Science Center(カリフォルニア・サイエンス・センター)」。エンデバーが同センターの「サムエル・オスチン・パビリオン」に展示されたのは2012年10月30日だが、今年の終わりには同センター内に「サムエル・オスチン・エア&スペースセンター」が新設され、そちらに永久展示される予定だ。現在は同センター建設のために、寄付を募るキャンペーンを開催中。寄付をした企業や個人は、スペースシャトル・エンデバーの機体一面に張られてい… 続きを読む



富裕層向け雑誌もナンバー1に選んだ、モルディブのシェヴァル・ブラン・ランデリ

[2014/11/23] 古関千恵子

25メートルのスクエアなインフィニティエッジのプールや各種マリンスポーツ、ゴルフのシミュレーター、テニスコートなどアクティビティも目移りしそうなほど。エクスカーションやアクティビティは、好みに合わせてテーラーメイドしてもらえます。ウェルビーイングにも特化し、ゲランがプロデュースするスパは、ヨガパビリオンやレオノール・グレユのヘア・スパの施設も。また、コンセプトストアでは地元の上質な工芸品のほか、「ウブロ」や「エミリオ・プッチ」など、このリゾート限定のアイテムも入手できます。 続きを読む



眺望も楽しめる!サンパウロ大学現代美術館イビラプエラ

[2014/10/27] 東リカ

サンパウロ大学現代美術館(MAC-USP)は、1963年、サンパウロ近代美術館(MAM)から作品を贈られたことをきっかけに、サンパウロ大学付属の美術館として誕生しました。ラテンアメリカで最も重要な現代美術館の1つとして、キャンパス内本館に加えて、ビエンナーレ・パビリオン内に別館を構えていました。50周年を迎えた2013年、元サンパウロ州交通局(Detran:デトラン)の建物に一般公開用の作品を大幅に移し、別館は、大きくリニューアルオープンしました。(大学キャンパス内MACは継続運営中) 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パビリオン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。