「パラオ、イルカ」に関連する現地ガイド記事

「パラオ、イルカ」に関連する現地ガイド記事

パラオ、イルカに関する現地ガイド記事を集めました。パラオ、イルカの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ダイバーでなくても楽しめる世界遺産のパラオの魅力

[2013/05/12] 古関千恵子

パラオ南部のロックアイランドが、自然・文化の複合遺産として、2012年世界遺産に加わりました。”ダイバーの天国”としておなじみにパラオですが、たとえダイビングをしなくても、その圧倒的な自然美には魅了されるはず。干潮時に浮かび上がる白砂の道やクラゲがうようよ泳ぐ湖、美白効果のある海泥の海遊びなど、ほかでは体験できないミラクルな自然もたっぷり。しかも、日本から直行便ならばたったの4時間30分! こんな近くにスケールの大きな自然があるなんて、驚くこと必至です! 続きを読む



パラオに待望の直行便が就航! 日程も組みやすく、憧れの南の島が身近に

[2010/11/03] 古関千恵子

2010年12月22日、パラオがグーンと近くなります。デルタ航空の成田−パラオ直行便が週4便就航します! これまでチャーター便はありましたが、直行便ははじめてのこと。また、待ち時間は少ないものの入国審査をしなくてはならなかったグアムでの乗り継ぎをすることなく、ダイレクトにインできるのです。所要時間わずかに約5時間20分! タイムスケジュールは成田発15:50、パラオ着21:10、運航は月・水・金・日。帰りはパラオ発4:05、成田着9:15、運航は月・火・木・土。スケジュールも組みやすくなりますネ… 続きを読む



夏秋のパラオは海獣遭遇の可能性アップ!

[2010/08/31] 秋野ヒロシ

AlLI!(こんにちは)日本では連日猛暑とニュースで見ています。暑そうですね。パラオは赤道間近にありながら日中の気温は33度。海風が気持ちよい毎日が続いています。そしてこれから夏から秋にかけてのパラオは南西の風が強くなる時期へとなっていくのですが、今年は台風の発生が少なくあまり海が荒れません。このままの状況だと海が荒れず海水が深い冷たい水と混ざらないので水温上昇が心配ではありますが、コンディションが良いのは助かります。特にこの時期はイルカやクジラといった海獣類が目撃できる可能性が上がるので外洋に… 続きを読む



イルカと遊びながらダイバーになろう

[2010/08/10] 秋野ヒロシ

皆さんはパラオにイルカが居るってご存知ですか?もちろん外洋にはハシナガイルカの群れも生息していますが、今日紹介したいのはドルフィンパシフィックというイルカの研究施設です。ここにはハンドウイルカ8頭が東京ドーム2個分の敷地に暮らしています。セラピーやイルカの生態に関する研究をしているのですが、一般に開放されたプログラムも多く開催されているのも特徴です。イルカと洋服のままで触れ合える「クローズエンカウンター」や、実際に海に入って一緒に泳ぐ「ドルフィンシンフォニー」、そして実際にトレーナーの仕事を1日… 続きを読む



水中写真を撮ろう!思い出を残そう!デジカメを持ってパラオで潜ろう!

[2009/03/06] 秋野ヒロシ

パラオにいらっしゃるお客様の約4割はカメラを持っています。そしてそのほとんどはコンパクトデジカメを防水ケースにいれた手軽なものです。現在、各メーカーからさまざまなコンパクトデジカメが発売されています。最も手軽なものだとカメラだけで2万円くらいで手に入ります。このカメラを別売りのプラスチック専用防水ケースに入れると、水深40mくらいまで潜る事のできる水中デジカメに変身させることが出来ます。そしてこのセット、一番安いものならば総予算5万円以内で手に入れることも出来るんです。使い方はとっても簡単で、カ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パラオ、イルカ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。