「パラオ、ダイビング、時期」に関連する現地ガイド記事

「パラオ、ダイビング、時期」に関連する現地ガイド記事

パラオ、ダイビング、時期に関する現地ガイド記事を集めました。パラオ、ダイビング、時期の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

インドネシアの秘密兵器!? 豊かな生物、景観、文化が花開くラジャアンパット

[2015/06/20] 古関千恵子

インドネシアの東のはずれに位置する秘境、西パプア州のラジャアンパット。かつて”イリアンジャヤ”と呼ばれたエリアで、大小1500を超える島々からなります。インドネシア政府がバリ島についでこのエリアをツーリズムで押していくという話を聞き、最初は「?」でしたが、訪れてみて納得。”種の工場”と呼ばれるほど新種が次々見つかる生物の宝庫、パラオのような石灰岩カルスト地形の絶景、そしてインドネシアとパプアが混ざり合った人々と独自の文化、どれも新鮮! ラジャアンパットの魅力をご紹介します。 続きを読む


ベストシーズン到来のパラオへレッツゴー

[2011/04/11] 秋野ヒロシ

アリー!!お元気ですか?パラオは暑い日が続いています。気温33度、平均水温30度、連日の大物ラッシュ!ダイビングパラダイスの実力は健在です!6月ごろまで続く乾季はパラオの一番の見せ場のシーズン。海のコンディションもベストな状態で、魚の群れも最も大きくなる季節となります。旧首都コロールからスピードボートで約1時間の移動で着けるメジャーなポイント、ブルーコーナーやジャーマンチャネルも大物フィーバー状態で、どこもかしこもパラオの実力を遺憾なく発揮し、訪れているゲストを感動させています。こうなってくると… 続きを読む



夏秋のパラオは海獣遭遇の可能性アップ!

[2010/08/31] 秋野ヒロシ

AlLI!(こんにちは)日本では連日猛暑とニュースで見ています。暑そうですね。パラオは赤道間近にありながら日中の気温は33度。海風が気持ちよい毎日が続いています。そしてこれから夏から秋にかけてのパラオは南西の風が強くなる時期へとなっていくのですが、今年は台風の発生が少なくあまり海が荒れません。このままの状況だと海が荒れず海水が深い冷たい水と混ざらないので水温上昇が心配ではありますが、コンディションが良いのは助かります。特にこの時期はイルカやクジラといった海獣類が目撃できる可能性が上がるので外洋に… 続きを読む



暗がりで可憐に光る二枚貝、ウコンハネガイを見に行こう!

[2010/07/01] 秋野ヒロシ

Alii(こんにちは!)いよいよ夏に突入。パラオも北半球。暑い日が続くようになってきました。太陽が出たら一気に気温は34度くらいまで上がります。曇っていても30度。うーん暑い。でも、湿度が高くないので海風に当たっていれば、ほどよく気持ちの良い暑さです。 これからのパラオは乾期から雨季へとシーズンが移行する時期。雨季といっても日本の梅雨とは違い、ずっと雨が降り続けることは少なく晴れ間も良く出ます。乾期はカラカラに乾くとするば雨季はほどよく雨が降るがビシャビシャじゃない。そんなイメージです。もともと… 続きを読む



イレズミフエダイ、驚きの巨大群をマークせよ

[2010/02/24] 秋野ヒロシ

Alliアリー(こんにちは)。パラオでは今年もイレズミフエダイの季節がやってきます。イレズミフエダイは体長60cmほどの青と黄色の縦じまを持つフエダイの仲間。数百メートルの水深に住み、通常僕らダイバーが見ることはまずありません。しかし、この魚は毎年3月〜5月のある決まった時期だけ繁殖のためにいくつかのポイントに集まってきます。この時が僕らがこの魚に会うことのできる唯一のチャンスとなります。群れの数が一番多くなるペリリュー島東側にあるイエローウォールというポイントは、このため毎年多くのダイバーで賑… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パラオ、ダイビング、時期」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。