「パラオ、体験ダイビング」に関連する現地ガイド記事

「パラオ、体験ダイビング」に関連する現地ガイド記事

パラオ、体験ダイビングに関する現地ガイド記事を集めました。パラオ、体験ダイビングの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

パラオに新ダイビングクルーズが就航

[2010/11/04] 秋野ヒロシ

2010年10月8日よりパラオに新しいダイビングクルーズ船が就航しました。船名は「龍馬」。全長33m、全幅13mの双胴船で、高い天井、広い廊下と開放感のある船内には3室のデラックスルームと6室のスタンダードルームの計9室があり、お客様の定員は18名。和室のサロン、オープンエアーのダイニング、サンデッキと、そしてトップデッキにはジャグジーを装備して、夕景を見ながらのビールを最高のものにしてくれます。船内には生ビールサーバーもあり、好きな時にパラオ地ビールを飲むこともできます。さらにゲストが使える衛… 続きを読む



パラオの海、水中から覗きたい!12000円あったら体験ダイビングがオススメ

[2009/04/21] 秋野ヒロシ

西部太平洋で3本の指に入ると言われるほど魚が多く綺麗な海がパラオ。僕らダイバーの間ではその名は遥か地球の裏側まで届いているほど有名なんです。そんなパラオは日本の真下、南へおよそ3000km行ったところにあります。直行便だとたった約4時間ですから意外に近い。眼下に広がるのはエメラルドグリーンとマリンブルーの海。もう、その色だけでノックアウトされちゃうほどの魅力的な海を目の前にして、水面からでも素敵ですが、せっかくなら水中を覗いてみたいと思いませんか? 続きを読む



海の中に潜ってみよう!パラオでダイバーになろう!

[2009/01/30] 秋野ヒロシ

既にダイバーになっている人たちの間ではパラオは「一度は潜ってみたい場所」といわれています。毎年行われるあるダイビング誌の投票では、パラオは「行ってみたいダイビングエリア」で常に上位に入り続けているほどの人気ぶりです。パラオは年間訪問者数のおよそ40%がダイバーと言われ、その数およそ2万人。日本で活動しているダイバーが約10万人ということですから、実にアクティブダイバーの5分の1の人たちがパラオに訪れているということになります。パラオがダイビングパラダイスと言われる所以はこんなデータからなのです。… 続きを読む



驚くような感動がココに!ダイナミック体験ダイビングに挑戦しちゃおう!

[2008/11/21] 秋野ヒロシ

体験ダイビングと通常のダイビング(ファンダイビングと呼びます)との違いは、Cカード(認定証)を持っている人かどうかの違い。持っていらっしゃらない方が参加するダイビングプログラム全般を「体験ダイビング」と言います。さて、体験ダイビングと一言で言っても、いろいろなスタイルがあります。浅いところでダイビングを「体験する」だけの初歩のプログラムから、ビーチでゆっくり練習してから水深10mほどまで行くものや、ボートに乗って外海で行う本格的な体験ダイビングまで様々です。ダイブショップなどに申し込むことで参加… 続きを読む



まるで天然の水族館!体験ダイビングならパラオへおいで

[2008/11/06] 秋野ヒロシ

この記事を見ているあなたはダイバーですか?それともノンダイバーですか?僕はもっぱらダイバーの方に向けた記事を書くことが多いのですが、今回はノンダイバーのあなたのために書きたいと思います。パラオはダイビングのディスティネーションとして以前からダイバーに注目を集めているエリアでした。深く青い紺碧という表現が似合う外洋と、ペパーミントグリーンの光を放つ内海の美しさがパラオの自慢。そこに潜ると沢山の魚が群れて、まるで天然の水族館のようです。当然ここを訪れる人はダイバーばかりでした。しかし近年、そのダイビ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パラオ、体験ダイビング」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。