「パラオ、湖」に関連する現地ガイド記事

「パラオ、湖」に関連する現地ガイド記事

パラオ、湖に関する現地ガイド記事を集めました。パラオ、湖の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ダイバーでなくても楽しめる世界遺産のパラオの魅力

[2013/05/12] 古関千恵子

パラオ南部のロックアイランドが、自然・文化の複合遺産として、2012年世界遺産に加わりました。”ダイバーの天国”としておなじみにパラオですが、たとえダイビングをしなくても、その圧倒的な自然美には魅了されるはず。干潮時に浮かび上がる白砂の道やクラゲがうようよ泳ぐ湖、美白効果のある海泥の海遊びなど、ほかでは体験できないミラクルな自然もたっぷり。しかも、日本から直行便ならばたったの4時間30分! こんな近くにスケールの大きな自然があるなんて、驚くこと必至です! 続きを読む



パラオに待望の直行便が就航! 日程も組みやすく、憧れの南の島が身近に

[2010/11/03] 古関千恵子

2010年12月22日、パラオがグーンと近くなります。デルタ航空の成田−パラオ直行便が週4便就航します! これまでチャーター便はありましたが、直行便ははじめてのこと。また、待ち時間は少ないものの入国審査をしなくてはならなかったグアムでの乗り継ぎをすることなく、ダイレクトにインできるのです。所要時間わずかに約5時間20分! タイムスケジュールは成田発15:50、パラオ着21:10、運航は月・水・金・日。帰りはパラオ発4:05、成田着9:15、運航は月・火・木・土。スケジュールも組みやすくなりますネ… 続きを読む



晴れた日こそ内海が面白い!

[2010/01/26] 秋野ヒロシ

Alli!(アリー)こんにちは。日本は寒い冬真っ只中のようですが、パラオは連日気温34度の熱帯気候全開です。年間通してTシャツ+短パンという格好で暮らせてしまうのは南国ならでは。水代わりのビールが最高です。 さて、パラオの旧首都コロールから南のエリアは隆起サンゴの島が無数にあります。ロックアイランドと呼ばれるこの島々は、その数200とも300とも言われています。このロックアイランドの中には海とつながった天然の海水湖が何箇所もあり、中にはボートでそのまま入っていける場所もあります。海側からボートで… 続きを読む



クラゲの湖、ジェリーフィッシュレイクで泳ごう!

[2008/02/08] 秋野ヒロシ

クラゲというと何をイメージするでしょうか? 中華の前菜?海水浴場で刺された記憶?ブヨブヨでフワフワ泳ぐスタイルに癒されるのか、最近は水槽で飼われたりするのも流行っているらしいですね。そんなクラゲがぎゅぎゅっと集まった湖がパラオにはあります。この湖の名前はジェリーフィッシュレイク。直訳するとクラゲの湖。ロックアイランドと呼ばれる島の中にある湖なのですが、外海と地下水路で繋がっているので湖の水は海水。この場所にタコクラゲが数万、いや数十万が生息しています。 続きを読む



パラオの元祖内海ポイント、マリンレイクで癒されよう

[2008/01/10] 秋野ヒロシ

マリンレイクはロックアイランドと呼ばれる島と島の間にある閉ざされた海水湖のこと。だから本当は場所の名前では無く環境の呼び方。ですが、リソン島にあるマリンレイクが便宜上ダイビングの「マリンレイクポイント」として定着しています。「元祖マリンレイク」とか「オリジナルマリンレイク」などと聞こえたらここのことです。パラオ内海のポイントは?と尋ねると、きっと10人に9人は「マリンレイク」と答えるほどメジャーな場所。流れが無いので泳ぎやすく、自然と生物が豊富だから遊んでいて飽きることがない。初心者からベテラン… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パラオ、湖」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。