「パラカス、ペルー」に関連する現地ガイド記事

「パラカス、ペルー」に関連する現地ガイド記事

パラカス、ペルーに関する現地ガイド記事を集めました。パラカス、ペルーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

新生「天野織物博物館」

[2015/06/25] 原田慶子

アンデス文明ファンなら誰もが知っているであろう、リマの天野博物館。2009年6月1日のペルーガイド記事でもご紹介した同館が、去る5月18日「MUSEO TEXTIL PRECOLOMBINO AMANO(天野織物博物館)」として生まれ変わった。布や織物をテーマにした博物館は世界にいくつかあるが、アンデス文明に特化した専門博物館としては他に類をみない。また、以前は事前予約ツアーに参加することが見学の要件だったが、このリニューアル以降は他の博物館同様、個人で自由に見学できる。古代アンデスの織り一筋一… 続きを読む



ペルー国立考古学人類学歴史学博物館

[2015/04/20] 原田慶子

リマ市プエブロ・リブレ区。植民地時代にはマグダレーナ・ビエハと呼ばれたインディヘナ居住区だったが、その後ペルーを独立に導いたサン・マルティンにより「PUEBLO LIBRE(自由の町)」と名付けられた由緒正しき地区だ。古い住宅も多く落ち着いた佇まいを見せるこの町には、ペルー初にして最も重要と位置づけられる博物館がある。それが「MUSEO NACIONAL DE ARQUEOLOGIA, ANTROPOROGIA E HISTORIA DEL PERU(ペルー国立考古学人類学歴史学博物館/MNAA… 続きを読む



南半球の夏はこれから!ペルーのオススメビーチ一覧

[2014/12/29] 原田慶子

日本の3.4倍もの国土を持つペルー。太平洋に面した海岸線は、総延長3080km(ペルー国防省調べ)にも及ぶ。そんなペルーには魅力的な浜辺がたくさんあり、夏はバカンスを楽しむ人々で大いに賑わう。また、ペルーは知る人ぞ知るサーフィンのメッカ。国際大会も頻繁に開催されており、何人ものペルー人プロサーファーが世界中で活躍している。ただのんびりと甲羅干しをするもよし、積極的にマリンスポーツを楽しむもよし。漁師や土産物屋など、地元の人々との触れ合いもいい思い出になるだろう。今回はペルーでオススメのビーチをい… 続きを読む



オタリアやペンギンに会える!カリャオのパロミノ島クルーズ

[2012/05/14] 原田慶子

豊かな漁場として知られるペルー沿岸には、その魚を餌とする海獣や海鳥の生息地がいくつかある。そうした野生動物を見学するクルーズでは、リマの南約260kmに位置するパラカス沖の「バジェスタス島クルーズ(ペルーガイド記事2010年3月12日を参照)」が有名だ。しかしリマからパラカスへはバスで片道4時間半ほどかかるため、いつでも気軽にとはいかない。そこでオススメしたいのが「パロミノ島クルーズ」。ペルーの玄関港カリャオから出港するこのクルーズは午前午後と1日2回開催されているため、思い立ったその日に参加す… 続きを読む



パラカスのラグジュアリー・ビーチリゾートへようこそ!

[2010/12/09] 原田慶子

2007年8月15日に起こったペルー地震で、甚大な被害を受けた港町「PARACAS/パラカス」。当時の様子をテレビなどでご存知の方も多いだろう。しかし復興作業と共に海岸沿いの再開発も進み、2009年には世界の一流ホテルが次々にオープン。今やリマから最も近い一大リゾート地として人気を博しており、内外から注目を集めている。青い海と真っ白なプライベートビーチ、色鮮やかな帆を風になびかせ疾走するセイルボード、海鳥が涼を求めて遊びに来るビーチサイドプール。アンデスばかりが強調されがちなペルーだが、今回はそ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パラカス、ペルー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。