「パリ、ケーキ」に関連する現地ガイド記事

「パリ、ケーキ」に関連する現地ガイド記事

パリ、ケーキに関する現地ガイド記事を集めました。パリ、ケーキの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アルザス地方のカフェ老舗クリスティアン

[2017/09/12]

フランスでもアルザス地方というと、ドイツ的な印象を受ける方が多いのではないでしょうか。確かにアルザス地方は歴史的に見ると、常にドイツと領有権を争って戦争をしていました。この辺りはドイツだったりフランスだったり、と常に揺れ動いていましたが、第二次世界大戦後はフランスとなり、それ以来変わっていません。アルザス地方の中心都市はストラスブールです。町の東端にライン川が流れており、川の向こうはもうドイツ。本当にドイツはすぐそこにあります。そんなわけで街並みもドイツ的な所が見受けられますがカフェに関しては、… 続きを読む



有機野菜を使用し、グルテンフリーなサロン・ド・テ

[2017/07/17]

パリ11区にある小さなテラスには様々な花が咲き乱れて秘密のお庭のよう。ここは「ラ・ガンゲット・ダンジェル」というサロン・ド・テです。このお店の最大の特徴は、有機食品だけを使用し、グルテンなしの料理だけを扱っていること。このお店を作った人は自然食療法を学んだアンジェル・フェルー・マーグというエネルギッシュな若い女性。アンジェルはグルテンなし+デトックスのレシピ本も出版していて、よく雑誌にも登場する人気のある人物です。 続きを読む



パリでは日本のお弁当がじわじわと流行中。地元の人に愛される『KOEDO』へどうぞ

[2017/05/27] 竹内真里

近年、パリでは日本のお弁当がブームです。とりわけ健康志向が高く、オーガニックな生活スタイルを好む人に人気で、持ち帰りはもちろん、イートイン可のBENTOレストランが続々と出店しています。今回ご紹介するのは駅のホームから営業を開始した『KOEDO』。オーナーはアルザス地方ストラスブール出身のEstherさん。17歳の頃に大阪にホームステイし神戸女学院に1年留学、フランスでは日本企業に3年勤めた経験もあり、日本語はペラペラです。さらに非営利団体などで日仏イベントコーディネートの仕事を手がけ、故郷スト… 続きを読む



セレブ御用達のキャンディ専門店

[2017/05/10] 大山真理

ビバリーヒルズにあるセレブ御用達のキャンディ専門店「Sugarfina(シュガーフィーナ)」。ここには、ワインなどお酒を使ったグミやチョコレートなど、大人向けのお菓子が140種類以上。しかも、世界中の菓子職人が作った選りすぐりがずらりで、キャンディ好きには、たまらない。店内は、アクセサリーのように、3段のケーキスタンドやショーケース内にお菓子が1種類ごと並べられていて、まるで高級ブティックやジュエリーストアのような雰囲気。 続きを読む



リニューアルオープンした「カンティン」で、ヘルシーなカフェごはん!

[2016/11/11] Yeni

国内外のブランド店が犇めく、イスタンブール随一の高級ショッピング街ニシャンタシ。この街で2000年にオープンして以来、16年に渡ってイスタンブールっ子の食欲を満たしてきたのが「カンティン(Kantin)」です。そもそもカンティンとは、カフェテリアのこと。その名の通り、「カンティン」はランチとティータイムのみで、夜は営業していませんでした。“していませんでした”というのは、今年6月に一旦閉店した「カンティン」が同じ街の別の場所へ移転、8月に再オープンしたのですが、新店舗では待望のディナー営業も開始… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パリ、ケーキ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。