「パリ、デパート」に関連する現地ガイド記事

「パリ、デパート」に関連する現地ガイド記事

パリ、デパートに関する現地ガイド記事を集めました。パリ、デパートの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モダンなモール、MOOD

[2015/12/24] 田中ティナ

モダンなファッションをチェックしながら、合間にFikaでひと休み。とくに冬、外気の冷たくなる季節は、屋内であれこれ時間を過ごしたいもの。ストックホルムの地下鉄T-Centralen駅に程近くにある老舗デパートのNKや、多くのテナントがはいるGallerianなどが建つHamngatanが生活者はもちろん観光客が行きかう目抜き通りなら、そこから1本北、Kungsgatan方面へ入ったMaster Samuelsgatanは、人々と車の喧騒から一息つくことができる、比較的静かなストリートだ。「MOO… 続きを読む



ゴージャスなかつての舞踏会ホールでゆっくり一息 カフェ・ロッツ・テレム

[2012/02/09] ケイ

燦然と輝くシャンデリア、黄金で縁どられた大天井、そこに描かれた天井画。まるで宮殿の広間のように優雅な空間。どっしりとしたテーブル、革張りの椅子。一瞬、この広間は一体なんなのか、と目を凝らす。「いらっしゃい!」とボーイさんに声を掛けられ、ここがカフェであることを思い出す。それほどまでに美しい空間なのだ。この広間はかつて貴族クラブの舞踏会ホールだった。19世紀後半のハンガリー画家ロッツ・カーロイ(1833〜1904)によって美しい天井画が描かれた。20世紀初頭、ブダペストの実業家がこの建物を買い取り… 続きを読む



マレー地区の入り口にある日常雑貨デパート

[2011/12/08] 夏樹

パリのデパート第一号といえば、パリ市庁舎前にあるBazar de l' hotel de ville、通称BHV(ベーアッシュヴェー)。正面玄関にある大きなロトンドが目印でう。ギャラリーラファイエットやプランタンデパートがモードならば、こちらはどちらかというと雑貨や日用品専門デパートです。とくに地下の日曜大工用品コーナ、2階の文房具コーナー、4階の料理用品が見どころ。個性的なおみやげ品がみつかるかもしれません。 続きを読む



華々しき陶器の世界!スペシャルなお土産はココで決まり☆

[2011/02/12] 西川さや香

マトリョーシカにチョコレート・バレエアイテムなどお土産の候補がある中で、今回ご紹介するのが「ロモノーソフ陶器」。最高品質とあって、ローカルの人々にも《記念日のプレゼント》として人気のあるこの陶器はココ、サンクトペテルブルグ生まれ。「欧州諸国にも誇れる陶磁器を!」と1774年エリザベータ女帝の命により、ロマノフ家と宮廷用として作られ始めたこの陶磁器は、残念ながら日本ではまだ広くは知られていないですが、今ではパリの高級デパート、ギャラリー・ラファイエットにも並ぶなど、欧州では定評があるんですよ。 続きを読む



老舗デパート ボン・マルシェで買う 絶品お土産

[2010/03/04] 田中知子

パリの左岸に位置する老舗デパートのボン・マルシェ。雑貨や衣類、コスメなどの日用品もそろい、パリならではのブランド品も充実したデパートです。特に今回ご紹介したいのが、食料品の売り場です。有名店のクッキーやパンなどを取り扱っており、見ていて飽きない商品ラインアップです。棚いっぱいにならんだバリエーション豊かな紅茶やクッキー、チョコレート、缶詰のフォアグラやパテ、瓶詰めのジャムなどは日本へのお土産にも最適。お土産探しにはぜひ訪れてみて。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パリ、デパート」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。