「パリ、パサージュ」に関連する現地ガイド記事

「パリ、パサージュ」に関連する現地ガイド記事

パリ、パサージュに関する現地ガイド記事を集めました。パリ、パサージュの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

町に13も存在するパサージュ 雨の日も楽々お買いもの

[2010/03/06] Kei Okishima

パサージュとは元々はフランス語で通路や小路のことだが、現在はガラスの屋根の付いたアーケードの総称になっている。主に19世紀にパリでさかんに造られ、一階は商店街で上階は住居になっていた。建物の間を抜けて行くパサージュはヨーロッパ各地でも造られたが、20世紀になると衰退していった。この忘れ去られていたパサージュをモダンな形で復活させたのがハンブルクである。1970年代から計画が練られた。そして80年代初頭にハンゼ・フィアテル(ハンザ地区)という名前のパサージュが、いかにもハンブルクらしい赤レンガの建… 続きを読む



水鳥たちの憩いの場を眺めながらヨーロッパブランドを購入 ハンブルクで楽しむショッピング

[2010/02/25] Kei Okishima

ジル・サンダーをはじめラガーフェルト、ヨープなど、世界的なデザイナーを生み出した町ハンブルク。ファッション性の高さではドイツの中でトップの座を守り続けている。ハンブルクはショッピングの町。かつてショッピングと言えば市庁舎と中央駅の間が中心だった。伝統のあるメンケベルク通りやシュピターラー通り、その二つの通りがぶつかるゲルハルト中央市場広場が主流だった。この辺りは今日でも観光客や地元の人たちで常ににぎやかである。しかしお洒落なハンブルクっ子たちが買い物を楽しんでいるのは市庁舎前広場からゲンゼマルク… 続きを読む



19世紀の面影を残すパリの“パサージュ”をお散歩しよう

[2009/01/08] 夏樹

19世紀中頃、というとちょうどバルザックの小説に描かれている世界。まだ、雨が降れば道がぬかるみ、歩道と車道がきちんと分かれていなくて、長いスカートをはいて散歩なんてしていようものなら、馬車に轢かれそうになった時代。ゆっくりお買い物ができるように、と発明されたのが、この「パッサージュ(passage)」。日本でいえば、屋根付きの商店街、ショピングモールといったところ。もともとは、ナポレオンがエジプト遠征をしたときに発見した、アラビア風市場「スーク」にヒントを得たものだということです。 続きを読む



豪華な彫刻にうっとり!19世紀末建築“花のパサージュ”という名の歴史ある建物

[2008/11/11] 洋子・オーレテン

トルコには、地元音楽の生演奏を聴きながら食事のできるレストランや居酒屋が数多くあります。中でもイスタンブールには、そのタイプのお店が集中しているんです。その場所が観光客にも便利な繁華街の一角、そして歴史ある建物の中、となれば、行ってみたくなるのは当たり前ですよね。今回は、トルコらしい楽しく食事の出来る場所を紹介してみます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パリ、パサージュ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。