「パリ、リュクサンブール公園」に関連する現地ガイド記事

「パリ、リュクサンブール公園」に関連する現地ガイド記事

パリ、リュクサンブール公園に関する現地ガイド記事を集めました。パリ、リュクサンブール公園の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

公園都市パリが楽しい季節

[2011/05/30] 夏樹

世界でも有数の公園都市として有名なパリ市。リュクサンブール公園、チュイルリー公園とはひと味違う美しさのモンソー公園は、凱旋門やシャンゼリゼ観光の帰りに立ち寄ることができる距離にあります。17区の住民たちの憩いの場でもあり、緑のベンチで読書する人々、ジョギングを楽しむ若者、公園デビューするママンとこどもたち、砂場でけんかするやんちゃ坊主たちと、普段着のパリジャンたちの素顔をチラッと垣間見ることもできます。 続きを読む



パリで楽しむおしゃれなハマム、レ・バン・ド・サディア

[2010/12/14] 夏樹

パリが楽しいのは、フランスだけではなく、アフリカやときには中近東の雰囲気を体験できること。そこで、今回は女性専用ハマムをご紹介します。パリ市内でハマムといえば、有名なのはなんといっても5区のイスラム寺院付きハマム。でも男女入れ替え制だったりすると、ちょっと気が進まなかったりする方もいるかもしれません。Les Bains de Saadiaは女性専用で、スタッフはみんな若くて元気なモロッコ系フランス人の女の子たち、安心できます。 続きを読む



モンパルナスに残る彫刻家ザッキンのアトリエをたずねて

[2010/02/19] 夏樹

ロシア出身のオシップ・ザッキン(1890-1967)のアトリエ兼自宅が、モンパルナスのリュクサンブール公園からすぐの場所にあります。これはパリ市立美術館なので、入場無料。パリ大学の法学部やカトリック大学が立ち並ぶアッサス通りrue d'Assas沿いの目立たない袋小路の奥にひっそりと隠れている、かわいいアトリエです。モンパルナスが、世界各国からのアーチストたちが集る刺激的な場であった時代、20世紀初頭を彷彿させられます。 続きを読む



プチ留学もあり?!モンスーリ公園とパリ国際大学都市を満喫しよう!

[2009/06/17] 夏樹

19世紀後半、ナポレオンの甥であるナポレオン3世の治世になると、パリ市大改造計画が知事オスマンによってたてられます。建物の高さを一定に制限する、貧民窟や入り組んだ路地を取り壊し、並木道の幅広い道路を建設するなどの近代化。当時怖れられていたコレラを抑止するためにも、上下水道を整備しました。そこで、パリ市民の健康のために造園計画もたてられ、そしてできたのがこのモンスーリ公園。チュイルリー公園などフランス風の庭園と違うのは、この庭園がイギリス風だということ。 続きを読む



春のパリをお散歩。リュクサンブール公園で絶品屋外ランチ&人形劇をみよう!

[2009/01/23] 田中知子

パリ6区にある緑豊かなリュクサンブール公園。日照時間の長くなってくる春から夏にかけてのお散歩コースにはとっておきの公園です。近くのパン屋さんやケーキ屋さんで、お惣菜やパン、ケーキなどを買って公園内で食べるのもいいのですが、公園の中央にあるカフェでランチを取るのも手軽でお勧め。しかも、メニューもクレープリー顔負けのクレープやポワラーヌのパンを使用したクロック・ムッシューなど魅力的なラインナップ。春のパリのお散歩にはぜひリュクサンブール公園に足を運んでみてください。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パリ、リュクサンブール公園」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。