「パリ、市立美術館」に関連する現地ガイド記事

「パリ、市立美術館」に関連する現地ガイド記事

パリ、市立美術館に関する現地ガイド記事を集めました。パリ、市立美術館の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

子連れで行くパリ またはパリ初心者の定番

[2014/04/29] 風香

 子供を連れての海外旅行。かなり行き先も限定されるし、旅行中子供が飽きないようにどこを訪れるかも考え物ですよね。もちろん海外初旅行の方も、言葉が不自由なら不安も倍増するもの。そこで今回は家族連れ、もしくは海外初の方が訪れる定番のパリをご紹介させて頂きます。パリと言ったら連想されるのが、エッフェル塔に凱旋門、サクレクール寺院、ノートルダム寺院。そしてルーブル美術館にオルセー美術館をはじめ芸術派には何日あっても足りない町。パリだけでなく、ヨーロッパの大きな都市の主要美術館は毎月第一日曜日が無料になる… 続きを読む



モンパルナスに残る彫刻家ザッキンのアトリエをたずねて

[2010/02/19] 夏樹

ロシア出身のオシップ・ザッキン(1890-1967)のアトリエ兼自宅が、モンパルナスのリュクサンブール公園からすぐの場所にあります。これはパリ市立美術館なので、入場無料。パリ大学の法学部やカトリック大学が立ち並ぶアッサス通りrue d'Assas沿いの目立たない袋小路の奥にひっそりと隠れている、かわいいアトリエです。モンパルナスが、世界各国からのアーチストたちが集る刺激的な場であった時代、20世紀初頭を彷彿させられます。 続きを読む



グランパレとプチパレ

[2010/01/28] 夏樹

国際的に有名な現代アーチストを招待し、グランパレの13500m2のスペースでの巨大インスタレーションを展示するモニュメンタ。2007年はドイツのアンセルム・キーファー、2008年はアメリカのリチャード・セラが招かれ、アート好きなパリっ子たちを魅了した。今回はフランス人のボルタンスキーだが、彼はあえて真冬を展示期に選んだということだ。ガラス張りの天井から射し込む、淡い冬の日光を作品の一部として利用するということだそう。 続きを読む



パリ市立美術館で美術鑑賞とのんびりティータイム

[2009/08/06] 田中知子

パリ18区に位置するモンマルトル (Montmartre) の丘。このモンマルトルの丘には有名なサクレ・クール寺院があるので、観光に訪れる人も多いはず。今回はこのサクレ・クール寺院の麓にある小さなパリの市立美術館アル・サン・ピエール(la halle saint pierre)内のカフェをご紹介します。小さなギャラリーの展示のほか、子供のお絵かき教室があったり、床に赤ちゃんを寝かせてスケッチしている人がいたり、カフェのテーブルで絵を描いてる人がいたりと・・・モンマルトルならではの自由な空間が味わ… 続きを読む



1900年のパリ万博、ベル・エポックのエスプリを訪ねて

[2008/08/25] 夏樹

今も続く万国博覧会は、19世紀末、産業革命の盛んな時期、各国お国自慢のテクノロジーの交流、ひいては経済発展を目的に開催されるようになりました。中でも、1900年のパリ万博は有名。エッフェル塔、アレクサンダー3世橋、そして今日ご紹介するプティ・パレとグラン・パレは、この万博のために建築されました。日本からは、貞奴の日本舞踊公演が人気を博したとのこと。                                        続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パリ、市立美術館」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。