「パリ、芸術橋」に関連する現地ガイド記事

「パリ、芸術橋」に関連する現地ガイド記事

パリ、芸術橋に関する現地ガイド記事を集めました。パリ、芸術橋の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

夏ならではのパリの楽しみ

[2011/08/17] 夏樹

パリジャンがバカンスにでかけてしまった後というイメージの強い夏のパリですが、実は楽しい催しものがたくさん。実際にバカンスに出かけるのは50%の人々だけで、残りの人々はパリでゆっくり過ごすからです。チュイルリー公園には、夏の間だけ(8月21日まで)遊園地があります。ディズニーランドのような大型の遊園地と比べると、小さなものばかりですが、それはそれでまた魅力あるもの。フランスならではのアンチーク遊園地です。 続きを読む



映画のあの場所 「パリより愛をこめて」 (パリ・芸術橋)

[2010/06/01] 大塚ばつ丸

5月15日公開の「パリより愛をこめて」はジョン・トラボルタがスーパー諜報部員を演じるアクション映画。アメリカからパリに乗り込んできたトラボルタは口より先に銃が出る男で、入国からわずか1日の間に26人を始末する。逆に、彼を迎えたパリ在住の相棒ジョナサン・リース・マイヤーズは新米情報部員で、相手がどんな犯罪者でも殺したりはしないタイプ。この対照的なふたりがコンビを組んで、サミットに参加するアメリカ高官を守るためパリを走り回る。 続きを読む



橋めぐり

[2009/11/16] 夏樹

セーヌ川には37の橋がかかっています。ひとつずつに個性があふれているので、橋めぐりをテーマに観光というのもひとつのアイディア。なかでもいちばん煌めいているのは、このアレクサンダー3世橋。フランスとロシアの友好関係のシンボルとして、ロシア皇帝から寄贈されたものです。19世紀末、パリで開催された万国博覧会開幕時に、主な会場であったシャンゼリセとアンヴァリッドをつなぐために、落成されました。 続きを読む



恋人たちの一等席、ポン・デ・ザール(芸術橋)を見つめながら過ごす憩いのひととき

[2009/03/23] 夏樹

シテ島の西先端の尖った部分、square du Vert-Galantは、春になると恋人たちが押し寄せる場所。ルーヴル美術館からシャトレー広場に向かう右岸からはよく見えますが、どうやったら行けるのかわからない方もいらっしゃるかも。ポン・ナフ橋を渡って真ん中にあるアンリ4世の騎馬像のあるところから階段を下に降りると広がる、すてきな場所です。ちなみにここにある騎馬像は、フランスで公道に建設された彫像としては最初のものでした。 続きを読む



映画の舞台【ポンヌフの恋人】をはじめ、色々な映画に登場するセーヌ河の橋

[2008/09/18] 大塚ばつ丸

パリを流れるセーヌ河にかかる橋はどれも個性的で、いろいろな映画に登場している。今回はセーヌにかかるたくさんの橋から4つを選んでご紹介したい。なかでもよく知られている「ポンヌフの恋人」はその橋のひとつポンヌフでホームレス生活を送る男が主人公の映画。ポンヌフを直訳すると「新しい橋」になるが、実はセーヌの橋の中で最も古い。映画は実物を忠実に再現したセットを南仏に作り、そこで撮影が行なわれたという。両岸の建物まで実物そっくりに作られているせいか実際のポンヌフで撮影されたように見える。しかし残念なことに、… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パリ、芸術橋」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。