「パレンケ、壁画」に関連する現地ガイド記事

「パレンケ、壁画」に関連する現地ガイド記事

パレンケ、壁画に関する現地ガイド記事を集めました。パレンケ、壁画の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ラカンドン族の地、密林の保護区地にあるボナンパックは、マヤ文明の壁画がある遺跡

[2009/06/22] しなのゆめみ

ボナンパックはラカンドンのインディへナによって、1946年、世に知られる事になったが、壁画の発見によって、それまでの戦争のない平和な高い文化というマヤ論が覆られる事になる。3つの部屋に総面描かれた彩色豊かな絵は、戦争前の祭り、戦いの壮絶な様、捕らえられた捕虜、そして、その後の勝利の祝いの祭りの様子など、実にリアルに描かれた絵であった。他のメソアメリカ地区と同様に、マヤも常に戦いが重要な都繁栄の起動力となり、また、生贄も宗教的重要な意味を持つものであった。その壁画の実物を是非、ボナンパック遺跡で見… 続きを読む



グアテマラとの国境にある緑の石という名のマヤ遺跡「ヤシチラン」

[2009/06/04] しなのゆめみ

マヤ遺跡の魅力にとり付かれる人は結構いると思う。日本からのマヤ遺跡ツアーは多いだろうが、このヤシチラン遺跡へのツアーは、まだほとんどないのではないだろうか? 10年ほど前では多分アクセスもセスナ機くらいしかなかったようだ。だが、今はパレンケ遺跡の近郊のパレンケ町から、日帰りで簡単に行く事ができる。パレンケ、ウシュマル、チェチェンイッツアなどはもう見たし、もっと他のマヤ遺跡も見たいと思っている人には是非お勧め! マヤ文明のもっとも繁栄期・古典期のマヤの都市は、ほとんどこのチャパス州やグアテマラやホ… 続きを読む



メキシコ最高峰のピラミッドに登ろう! 〜トニナー遺跡〜

[2008/08/25] しなのゆめみ

パレンケ遺跡まで行く人は多いが、その先まで足を延ばす人は少ない。だが、それはもったいない。一日延期して、トニナー遺跡まで行こう。パレンケ村から一日ツアーが出ている。それは、トニナー遺跡だけでなく、途中の緑の山と豊かな水、滝などの自然をも満喫できる旅になる。途中、Misol-HaとAgua Azulの滝へも行こう。滝は、本当は乾季がお奨め。青い水、アグア・アスールと言うように、真っ青な水になる。ミソル・ハーは30mの高い滝であるが、水量の少ない時期には、滝つぼの裏側の洞窟の中を流れる滝も見られる。 続きを読む



何度も足を運びたくなる!「メキシコ国立人類学博物館」の魅力

[2007/10/03] 小目奈々緒

博物館は旅先では重要な観光スポット。けれど、興味のある人・そうでない人にはっきりと分かれる場所でしょう。正直言って、好きで無い人にとっては退屈なだけ。でも、ここメキシコ国立人類学博物館は、なぜか不思議な魅力のある場所で、興味の無い人でも虜にしてしまう。私も海外に行くたびに博物館には行くけれど、それ程強い興味は抱かなかったひとり。それがここだけは、何度足を運んでも飽きないし、暫くするとまた行きたいという衝動に駆られてしまうんです。多分それは、他ではあまり見かけないユニークな展示品に魅せられてしまう… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パレンケ、壁画」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。