「パレ・ロワイヤル」に関連する現地ガイド記事

「パレ・ロワイヤル」に関連する現地ガイド記事

パレ・ロワイヤルに関する現地ガイド記事を集めました。パレ・ロワイヤルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

パレ・ロワイヤルからギャラリー・ヴィヴィアンヌ

[2010/03/21] 夏樹

パレ・ロワイヤルは、ルイ13世の宰相リシュリューが自分の住居として購入した館があった場所。死後は王家に遺贈され、当時5歳だった王子ルイ14世が移り住んだことからパレ・ロワイヤル(日本語では王宮)と呼ばれるようになりました。その後、オルレアン公爵家に譲られるようになると、庶民も庭園内を散歩することが許され、一階の部分を商人たちに貸し出すようになりました。今は、文化省があるほか、高級ブティックやキャフェが軒を並べています。 続きを読む



19世紀の面影を残すパリの“パサージュ”をお散歩しよう

[2009/01/08] 夏樹

当時、このようなパサージュがパリの右岸に50ほどありましたが、現存するのは16件。パレ・ロワイヤルから歩いて5分程のギャラリー・ヴェロ・ドダは、その中でもいちばん美しいもので、市松模様の床は白黒の大理石でできていて、天井は、当時、最先端の素材であった鋼鉄とガラスで覆われ、自然光が入る明るい空間が作られました。今も、アンチークのお人形屋さんや、古楽器屋さんなどが並ぶ、ちょっとマニアックな世界。 続きを読む



数奇な運命をたどった「パレ・ロワイヤル公園」を歩く

[2008/10/28] 夏樹

パレ・ロワイヤル公園は、ルーブル美術館の正面にあるので、展覧会見学後のお茶に最適の場です。公園をコの字の形に囲む建物の一階には、レストランやキャフェ、香水ショップなど、見て歩くだけで楽しいギャラリーが並んでいます。外観内観ともにセルジュ・ルタンスのデザインによるレ・サロン・デュ・パレ・ロワイヤル資生堂もあるんですよ! もともとは17世紀、ルイ13世の凄腕宰相だったリシュリューの城があった場所でした。リシュリューは死後、ルイ13世に城を遺贈し、以来、国王の所有地になりました。 続きを読む



日本人ガイドさんと電動自転車でパリの魅力を満喫、ナイトツアーもあり

[2008/10/10] 夏樹

その後、オペラ座からパレ・ロワイヤル公園、そしてルーブル美術館前広場へ。今日は、英仏バイリンガルのガイド、オリビエさんが、ガイドブックには書かれていない、その場にまつわるとっておきのエピソードを話してくれます。次は、ポン・ナフ橋からセーヌ川横断。ひとりではとてもできないけれども、オリビエさんのてきぱきした交通マナーのおかげで、まったく心配なく右岸へ。そして、ぜひ、一度は自転車で入ってみたかった憧れのサン・ジェルマン界隈へ。 続きを読む



パリのブランチ食べ歩き。休日の優雅なひと時を!

[2008/05/20] 田中知子

■ A Priori The (ア・プリオリ・テ)住所:35-37, Rue de Vivienne -75001 Paris電話:01 42 97 48 75営業時間: 月〜金 9:00 〜 18:00/土 9:00 〜 18:30/日 12:30 〜 18:30ブランチ提供時間:土日12:00 〜 16:00休:無休メトロ:Bourse駅(3番線)、Pyramides駅(7番線、14番線)、Palais-Royal-Musee-du-Louvre駅(7番線、1番線)土日限定のブランチメニュー… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パレ・ロワイヤル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。