「パンダ」に関連する現地ガイド記事

「パンダ」に関連する現地ガイド記事

パンダに関する現地ガイド記事を集めました。パンダの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

危険過ぎる奇祭・タウンジーの熱気球祭りの安全な楽しみ方

[2018/10/12] 板坂真季

実は、この祭りには昼の部もある。夜と異なり灯明や花火は用いず、動物をかたどったカラフルな気球を打ち上げる。ラクダやパンダ、馬や象といったかわいい気球が空を彩り、こちらもなかなかフォトジェニック。しかし気は抜かないように。たまに、熱風を送り込むバーナーや松明の火が燃え移り、観客めがけて落ちてくる気球があるからだ。屋台にはプロパンガスボンベを設置している店もあるのでかなり危険だ。なお、昼の部と夜の部の間には2、3時間の休憩がある。周辺は渋滞するので暇潰しの本やゲームを持参し、会場で夜の部を待つのが得… 続きを読む



ベトナム中部の憧れビーチリゾート、バンヤンツリー・ランコー&アンサナ・ランコー

[2018/02/20] 古関千恵子

バンヤンツリーといえば、数々の賞に輝く上質なスパ! ゲストが施術メニューを決定したのちに、プルーンやパンダナス、バタフライ・ピーなど、ハーブやフルーツ、スパイスをブレンドするので、鮮度が違います。イキイキとした酵素もそのままお肌へ! また、バンヤンツリーのシグネチャーダイニング、伝統的なタイ料理の「サフロン」が、ここランコーでも楽しめます。他にもレストラン&バーには、ビーチ近くにあるイタリアンの「アズーラ」、朝食会場の「ザ・ウォーター・コート」、ライブラリーのようなくつろいだ雰囲気のラウンジ「テ… 続きを読む



オランダにパンダ御殿!アウエハンツ動物園

[2017/12/29] ミツフィ

上野動物園のパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の誕生で、2017年の日本はパンダに沸いた年と言えるでしょう。同じく2017年、オランダでは4月に中国から2頭のパンダ「シン・ヤ」と「ウー・ウェン」が、中部の街レーネンのアウエハンツ動物園に到着。パンダの飼育が許可されたのは、オランダではこの2頭が初めて。2017年のオランダはパンダ初上陸に沸く年だったのです。パンダ君達は手厚い歓待を受け、園内には複合施設「パンダシア」が建造されました。パンダシアの一階はパンダの飼育舎、2階はカフェテリアとお土産屋さん… 続きを読む



成都にウォルドルフ・アストリアが開業! 成都らしさがあちこちに

[2017/12/14] 岩佐 史絵

辛い料理にパンダの生息地として知られる四川省成都が、このところ目覚ましい発展を続けています。郊外にはハイテクゾーンが建設されており、空港から車で約30分、市街までも約20分といったところ。ビジネスタウンといった位置づけで、多くのホテルやショッピングモールが次々とオープンしています。そのひとつが、ニューヨークで誕生した老舗高級ホテルの「ウォルドルフ・アストリア」。日本にはまだありませんが、ヒルトングループの最高級ブランドです。成都には2017年7月にオープンし、世界のゲストを迎えています。 続きを読む



台北ローカル雑貨店【金興發生活百貨】へプチプラ土産を探しに行こう!

[2017/09/11] 中園 まりえ

異国の地で文具を見るのって楽しいですよね?こちら【金興發生活百貨】には、かわいい台湾らしいデザインの文具がたくさん揃っています。台湾らしいフルーツ柄のノートや麻雀牌や中華文字の付箋、パンダシリーズの文具など女子ならずともワクワクすること間違いなし!私のおススメは近年、台湾でも大流行の台湾オリジナルデザインのマスキングテープ。干しエビや台湾バナナ、台湾の建物シリーズなど様々な柄のマステがあります。台湾オリジナルマステをお土産に、またはお土産をオリジナルラッピングする時に自分で使うのにもおススメです… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パンダ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。