「ビクトリア調、家」に関連する現地ガイド記事

「ビクトリア調、家」に関連する現地ガイド記事

ビクトリア調、家に関する現地ガイド記事を集めました。ビクトリア調、家の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

パリの学生街がモントリオールにもある!「カルティエ・ラタン」

[2016/11/04] 佐々木 まゆ

ダウンタウンの北東、地下鉄Berri-UQAM駅からMont-Royal駅間に広がる、「カルティエ・ラタン」はモントリオールでも人気のエリア。ここはフランス語の大学、ケベック大学(UQAM)に通うフランス系のカナダ人やフランス人の学生たちがたくさん集まることから、パリの学生街として有名な“カルティエ・ラタン”と呼ばれるようになりました。そのため学生に人気のおしゃれなカフェやお店がたくさん! 続きを読む



羽田からダイレクトに行けるマレーシアのビーチ、クチンって?

[2011/05/09] 古関千恵子

羽田からダイレクトに行ける海外の選択肢がグッと増えました。中でも気になる存在といえば、名前にあまり馴染みのない(!?)マレーシアのクチンではないでしょうか。羽田と関空から直行便(便名は同じで、コタキナバル経由)で、約9時間で行けるクチン。ボルネオ島にある、サラワク州の州都です。オランウータンをはじめとする珍しい動植物、伝統的な暮らしを守る少数民族、かつて英国人が統治していた歴史……。そのユニークな魅力をお伝えしましょう。ちなみに5月21日以降からコタキナバル乗り継ぎになるので、お早目に! 続きを読む



映画のあの場所 「ユー・ガット・メール」 (アメリカ、ニューヨーク)

[2010/03/31] 大塚ばつ丸

「ユー・ガット・メール」は1998年のアメリカ映画。1993年に「めぐり逢えたら」で共演したトム・ハンクスとメグ・ライアンが再び顔を合わせている。母親から譲り受けた小さな絵本の店を経営するメグ・ライアンとその地域に大型書店の開店を計画しているトム・ハンクス。そのふたりが偶然メールで知り合い、やり取りを続けるうちに恋におちるというストーリー。 続きを読む



映画の舞台【逃亡者】-歴史を感じさせるシカゴ、プルマンの街並み

[2009/09/21] 大塚ばつ丸

 60年代に放送されたテレビ・シリーズ「逃亡者」 はデビッド・ジャンセンの主演で、当時アメリカで平均45% という高視聴率を記録した。これを元にリメイクされた映画が1993年の「逃亡者」。 トップ・スター、ハリソン・フォードを起用し、その年のアカデミー作品賞にノミネートされるくらい質の高い映画に仕上げられた。また、彼を追うジェラード警部を演じたトミー・リー・ジョーンズはこの作品によって助演男優賞を受賞した。 続きを読む



映画の舞台【ミセス・ダウト】―ビクトリア調の美しい家並みを眺め歩く旅

[2009/02/20] 大塚ばつ丸

「ミセス・ダウト」は芸達者ロビン・ウィリアムスの女装が見どころのコメディ映画。2年後に5代目の007を演じることになるピアース・ブロスナンの姿を見ることもできる。ロビン・ウィリアムスは声優をやっている中年男。妻と離婚し、裁判の結果子どもの養育権は妻に取られて、子どもたちに会えるのも週1回と決められてしまう。子ぼんのうなロビン・ウィリアムスはイギリス人の家政婦に変装して面接を突破し、元妻の家に入り込むことにまんまと成功する。子どもはすぐ正体に気付くものの、パパの気持ちを理解してそれを自分たちだけの… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ビクトリア調、家」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。