「ビジネス」に関連する現地ガイド記事

「ビジネス」に関連する現地ガイド記事

ビジネスに関する現地ガイド記事を集めました。ビジネスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

朝ごはんがおいしいと1日が幸せ アーバンなリゾートinドバイ

[2017/11/09] 岩佐 史絵

ドバイに2軒あるフォーシーズンズ ホテルのもう1軒はアラブ首長国連邦の金融の中枢を担う「ドバイ インターナショナルファイナンシャルセンター」に隣接しており、ビジネスマンにとってはまさに仕事の合間のオアシス的な存在です。シティセンターという場所柄もあり、ジュメイラビーチのフォーシーズンズホテルと比べるとロビーまわりはこぢんまりした印象。ラウンジにはビジネススーツに身を包んだ人が多く、洗練された都会的な雰囲気が漂っています。 続きを読む



バンコクで宿選びに迷ったときはココに決まり☆

[2017/11/03] 根本聡子

日本人のビジネスマンも多く利用する便利なホテルだけに、朝食ヴィッフェには海苔巻きやお味噌汁が並ぶ心遣いも嬉しいところ。アクセスもファシリティー、ホスピタリティーも文句ナシのオススメホテル。ホテル選びに迷ったらぜひご検討を♪ ☆DATA☆Four Points by Sheraton Bangkok, Sukhumvit 15(フォーポイントバイシェラトン バンコク スクンヴィット15)住所:4 Sukhumvit 15, Sukhumvit Road | Klongtoey-Nua, Watta… 続きを読む



サンティアゴのストリートフードはいかがなもの?

[2017/11/01] 鰐部マリエ

しかし年々移民が増加するサンティアゴは、今まで見られなかった様々なストリートフードを販売する移民たちの姿も見られるようになってきました。例えば、現地に住む中国人は揚げ春巻きやお寿司、ベネズエラやコロンビア人は母国流エンパナーダ(揚げパイ)やアレパ(トウモロコシの薄焼きパン)、ペルー人はペルー料理やカットフルーツなどを売っています。チリはお弁当を持っていく習慣が日本に比べて少ないのか、一食4,000ペソ〜5,000ペソ(約700円〜870円)ほどでランチを食べる人が旧市街セントロのビジネス街では溢… 続きを読む



カンクンからバスで45分!カンクンよりお洒落でモダンなプラヤ・デル・カルメンの魅力とは?

[2017/10/26] Yu Larraz

プラヤは昔は漁師の住む何にもない小さい町でした。プラヤの可能性に目をつけた外国人の投資家がホテルやコンドミニアムなど次々とビジネスを立ち上げ始めたのが約10年前。郵便局も銀行さえもなかった小さい町が今ではメキシコで一番物価が高く、経済的に最も成功を遂げている町へと変化しました。またプラヤはカンクンと違い観光(移動)がしやすいという特長があります。町はAvenida(アベニダ)とCalle(カイェ)の交わった碁盤目でできているので場所が見つけやすく殆どのビジネスはCentro(セントロ)、町の中心… 続きを読む



デンマークデザインの靴を現地でショッピング♪ 注目の4ブランドガイド

[2017/10/18] MizukiPoulsen

デンマークの靴といえばECCO。ヨーロッパはもちろん、日本を含め世界中に店舗を持つブランドです。履きやすく、クラシックなデザインが特徴です。スニーカー、サンダル、アウトドアシューズ、ブーツ、ビジネスシューズなど、レディース、メンズ、キッズで展開しています。バッグや革小物もシンプルで使いやすくて人気です。■ECCO Oestergade支店住所:Oestergade 55, 1100 Koebenhavn 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ビジネス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。