「ビジネス」に関連する現地ガイド記事

「ビジネス」に関連する現地ガイド記事

ビジネスに関する現地ガイド記事を集めました。ビジネスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

カクテルアワーの長さはKL一 シェラトンインペリアル

[2017/08/18] 岩佐 史絵

クラブルームの宿泊者なら、さらにクラブラウンジへ移動という手も。こちらは16時からカクテルアワーとなり、軽食とともにワインやカクテルをいただくことができます。だんだん暮れていく窓外にはKLタワーが目の前に見え、都会的な雰囲気。インターネットももちろん使えますので、ビジネスユースならPCを持ち込んでちょっとお仕事、なんていうのもよさそう。こちらでもカナッペや揚げ物中心のけっこうしっかりした軽食が出ますが、20時までと時間が長いのでゆっくりと楽しむことができるでしょう。ちなみに、カクテルアワーが4時… 続きを読む



大都会の隠れ家「ル・メリディアン」 クアラルンプールで賢くエグゼクティブな滞在を

[2017/06/25] 岩佐 史絵

クラブラウンジの利点としては、実はここをオフィスや自宅のように使えることがあります。たとえば、このル・メリディアンKL(クアラルンプール)のラウンジでは会議室を用意してあり、ビジネスで打ち合わせなどの場所が必要になった場合に無料で利用することができます。WiFiのサービスあり、上質なお茶やお菓子をいただけることもあり、ビジネスシーンでは”デキる!”という評価をほしいままにしそうです。 また、カクテルタイムなどに友人などを招待することもできます。一人当たり100リンギット(サービス料、税別)で宿泊… 続きを読む



エッフェル塔の設計士が作ったサンティアゴの国宝建築、中央駅を見てみよう!

[2017/05/20] 鰐部マリエ

組み立てに6ヶ月を費やし1897年12月に完成したこの中央駅。当時のこの建築物は屋根に曇りガラスが取り付けられ、自然光が入る作りや駅舎両側に切符売り場が作られるなどの佇まいは当時の人々からはとても注目を浴びました。しかし、当時はまだ荷馬車が主流な人々の交通手段だったため、汽車が開通することは荷馬車ビジネスに打撃をうけるとして、荷馬車労働組合が反対していたようです。現在、北へ行く長距離電車が開通できていないのも、トラックやバスの労働組合などの圧力が強いらしく、昔も今もどこか似ていて面白いです。 続きを読む



ハイテクとラグジュアリーが同居するアーバンリゾート体験

[2017/05/17] 岩佐 史絵

ビジネスの街、フランクフルト。戦時中の空襲でほとんど焼け落ちてしまったため、旧市街は元の姿に再建されていますが、実は戦後に新しく建てられたビルがほとんどです。そんな中、ひときわ目立つのが、ジュメイラ フランクフルト。最先端のハイテクノロジーを駆使して快適な滞在を提供するアーバンリゾートとして、2011年夏にオープンしました。フランクフルトでのショッピングハブ、ツァイル通りのすぐ近く、ショッピングモールに隣接するという好立地でありながら、入口が通りからちょっと奥まっていることもあり館内はとても静か… 続きを読む



傷だらけのピラミッド「ワカ・ワジャマルカ」

[2017/04/29] 原田慶子

リマ市のビジネス・金融の中心地、サン・イシドロ区。近代的高層ビルや瀟洒な家屋が建ち並ぶその一角に、「HUACA HUALLAMARCA(ワカ・ワジャマルカ)」遺跡がある。都会のど真ん中に紀元前の遺跡が佇む風景は、アンデス文明を育んだペルーならでは。長さ85m、幅67m、高さ20mのアドベ(日干しレンガ)製のピラミッドで、メキシコのチチェン・イッツァを思わせる巨大なスロープが印象的だ。しかしこのスロープはオリジナルの造作によるものではない。現在のワカ・ワジャマルカは、「遺跡とはこうあるべき」という… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ビジネス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。