「ビリー」に関連する現地ガイド記事

「ビリー」に関連する現地ガイド記事

ビリーに関する現地ガイド記事を集めました。ビリーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

未知の街、プノンペンの楽しみ方

[2016/12/11] りんみゆき

FCC(外国人記者クラブ)はオープン当初から海外からのジャーナリストや援助隊員が集う憩いの場所でした。川沿いに建つコロニアルな建物は現在はホテルとレストラン、そしてトレンサップ川を見下ろせるルーフトップバーとして使われています。夕暮れ時にはサンセットを見にくる人で賑わいます。子どもも入れますが、騒ぐのはルール違反。生演奏を聴きながら踊ったり、ビリーヤードをしたりと、少し大人の世界を垣間見ることができます。FCCは地域の多くのNGO団体や子ども病院をサポートしていて、売上金の一部は寄付されます。 続きを読む



ユニークなコレクションの博物館

[2016/06/17] 大山真理

珍しいコレクションがいっぱい展示された博物館「Ripley’s Believe It or Not in Hollywood(リップリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット・イン・ハリウッド)」。リサイクルした車のパーツで作った約3.66メートルの「トランスフォーマー」、キャンディで作ったマリリン・モンローやマイケル・ジャクソンの肖像画、最終回の台本で”描いた”女性4人組の某大ヒットドラマのキャラクター4人の肖像画など、珍しいコレクションが300以上展示。 続きを読む



映画『暗い日曜日』の舞台を訪ねて

[2014/05/22] Hiromi

映画『暗い日曜日』はドイツとハンガリーの共同制作で、1999年に公開された。ブダペストの市内を流れるドナウ川と、そこに架かる橋から映画が始まる。エルジェーベト橋、くさり橋、自由橋・・・。その中でもくさり橋は何度も映画の中に登場する。この映画は1988年にニック・バルコウという人が書いた小説をもとに作られているが、テーマ音楽『暗い日曜日』は1933年にハンガリーで作られた曲だった。1936年にフランスのシャンソン歌手ダミアDamiaが歌って有名になり、世界中に知れ渡る。ダミアの歌は“ソンブル・ディ… 続きを読む



テーマパークだけじゃない、ロサンゼルスの楽しみ方!

[2014/02/01] りんみゆき

ハリウッド大通りで観光客がしゃがみこんで写真撮影をしているところがあれば目的地到着。チャイニーズシアターは名前のとおりシアターなのですが、建物の前にあるハリウッド大スターの手形や足型、サインがしてあるブロックタイルがみなさんのお目当て。大通りはウォーク・オブ・スターズといい歩道のタイルに星と名前がはめ込まれていて、子どもたちの人気者ミッキーマウスやドクター・ズースなども!近辺にはマダムタッソー館やリップリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット博物館もあり、見どころたくさん。おみやげ屋も並んでいます… 続きを読む



ロンドン・オリンピック会場のすぐ側に巨大ショッピング・センター登場!

[2011/11/10] ディキンソン恵子

■ Westfield Stratford City住所:Westfield Stratford City, Stratford, London E20 1EJURL:http://uk.westfield.com/stratfordcity電話:+44 (0)20 8221 7300アクセス:セントラル線、ジュビリー線、DLR、またはノース・ロンドン線のStratford(ストラットフォード)駅下車、徒歩約1分開館時間:ショップは毎日10am〜9pmまで(土曜日は9am、日曜日は11am開店)… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ビリー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。