「ビル・リード」に関連する現地ガイド記事

「ビル・リード」に関連する現地ガイド記事

ビル・リードに関する現地ガイド記事を集めました。ビル・リードの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ビル・リード・ギャラリーでカナダのネイティブアートに触れる

[2009/06/22] 西澤律子

カナダ、ノースウエストコーストのネイティブアートのカリスマ、ビル・リード(Bill Reid 1920-1998)。彼の名前は知らなくても、バンクーバーを訪れるたぶん全員の方が、彼が遺したアートに出会うでしょう。まずは、20カナダドルのお札。表のエリザベス女王の裏面の彫刻、The Spirit of Haida Gwaiは彼の手によるものです。また、実物の翡翠のモニュメントは、バンクーバー国際空港の出発ロビーに飾られています。そんなカナダを代表するネイティブアーティスト、ビル・リードのギャラリー… 続きを読む



必見!大胆デザイン、UBC人類学博物館のトーテムポール

[2009/05/18] 西澤律子

緑豊かな広大なキャンパスのUBC(州立ブリティッシュ・コロンビア大学)に行くなら、ぜひ訪れてほしいのが、人類学博物館(Museum of Anthropology)です。先住民族文化に関するコレクションで名高いこの博物館は、先住民彫刻家を代表するビル・リードのコレクションでは世界最大級といわれている。カナダの有名な建築家、アーサー・エリクソンによるもので、その高い天井と明るいガラスの大胆なデザインは一見の価値ありです。 続きを読む



バンクーバーのシンボル、スタンレーパークのトーテムポール

[2008/05/21] 西澤律子

さて、その中から2つのトーテムポールをご紹介。これは、ハイダの村に1870年に建てられたものが元になっているもの。ハイダ族を代表する有名アーティストであるビル・リード(バンクーバー空港に彼のワタリガラスのアートがあります)が、1964年にアシスタントのワーナー・ツゥルーとともに彫ったものです。これはスケダン族の酋長に対し敬意を表したもので、酋長代々の紋章が彫りこまれています。一番上から、酋長の紋章である月、マウンテンゴート、クリズリーベアー、ベアーの耳の中のすごく小さな造形物は酋長の娘と息子だそ… 続きを読む



緑豊かなUBCキャンパスの人類学博物館は必見!

[2008/03/18] 西澤律子

歴史や建築に興味がある人に特におすすめなのは、人類学博物館(Museum of Anthropology)。先住民族文化に関するコレクションで名高いこの博物館は、先住民彫刻家を代表するビル・リードのコレクションでは世界最大。建物自体もすばらしく、建物だけでも一見の価値ありです。カナダの有名な建築家、アーサー・エリクソンによるもので、歴史や建築などに何の造詣もない私ですが、入った途端、その高い天井と明るいガラスの大胆なデザインに魅せられてしまいました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ビル・リード」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。