「ビロード、オペラ」に関連する現地ガイド記事

「ビロード、オペラ」に関連する現地ガイド記事

ビロード、オペラに関する現地ガイド記事を集めました。ビロード、オペラの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

100年前の姿に再生!リニューアル後の華麗な市立劇場

[2011/10/20] 東リカ

リオデジャネイロ市立劇場は、1909年、ヨーロッパを中心とした海外のアーティストをこれまで素通りされていたブラジルへも招聘するためシネランジア広場に設立されました。100年前の開館以来、バレエ、オペラ、シンフォニー等のクラッシックを中心とした国内外の著名カンパニーによる公演が行われています。パリのオペラ座をモデルとした華麗な建物は、昨年5月、1年半、8千万レアルをかけた改修工事を終え、見事当時の姿を蘇らせました。 続きを読む



一生に一度はパリ・オペラ座に

[2010/11/08] 夏樹

フランスの1年は9月から始まるので、今、劇場やコンサートホールも新しい演目でスタートしたばかり。オペラ座の2010年ー2011年のプログラムは9月9日にワグナーのオペラ、『さまよえるオランダ人』で始まりました。今年は、同じくワグナー『ジークフリート』や『神々の黄昏』、モーツァルトの『フィガロの結婚』、『コジ・ファン・トゥッテ』、プッチーニの『蝶蝶夫人」が予定されています。フランスが誇るソプラノ歌手ナタリー・デセイや、ルネ・フレミングなどの大歌手も出演します。 続きを読む



皇女エリーザベトの席が残る、大戦の難を免れたオペラ座を見学

[2009/01/26] ケイ

ペスト地区の中心部、三本の地下鉄が交差するデアーク・フェレンツ広場からまっすぐに北西へ延びるアンドラーシ通り。1872年にオーストリア=ハンガリー二重帝国の外相アンドラーシによって建設された。彼はパリを見てブダペストの都市改造計画を思い立ち、シャンゼリゼー通りのように両側に美しい建物が並ぶ幅の広いメイン通りを造ろうとした。デアーク・フェレンツ広場に近い所では両側にカフェ、レストラン、ヨーロッパのブランドショップが並んでいるが、そんな中で、ひときわ際立っているのがオペラ座である。 続きを読む



パリ3大蚤の市、モントルイユで掘り出し物を見つけよう!

[2008/12/22] 夏樹

若くて、リッチで、おしゃれ。でも、従来の既成観念にこだわらない「ブルジョア・ボヘミアン」たちが、今、盛り上げているのが、このモントルイユ市。ひとむかし前のパリを彷彿させる、ちょっとひなびた雰囲気とブルジョア感覚が不思議にミスマッチしています。パリの東端にあって、オペラ座から約30分。地下鉄9番線、Mairie de Montreuil行きにのって、Porte de Montreuilで降り、徒歩約5分。ヴァンヴの蚤の市が古道具中心なのに比べると、こちらは洋服が多いかも。 続きを読む



プラハならでは! マリオネットでオペラ『ドン・ジョヴァンニ』を♪

[2008/02/01] 有賀みかる

“オペラの中のオペラ”と言われるモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』。このオペラ、プラハなくしては生まれなかった作品と言えるでしょう。前作『フィガロの結婚』はウィーンであまり評判にならなかったのに比べ、プラハでは大成功、すっかり気をよくしたモーツァルトがプラハからの依頼に応えた次の作品が『ドン・ジョヴァンニ』で、旧市街広場から程近いスタヴォフスケー劇場(エステート劇場)にてワールド・プレミアを飾りました。映画『アマデウス』(監督はアメリカへ亡命したチェコ人のミロシュ・フォアマン)のオペラ・シーン… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ビロード、オペラ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。