「ビーチバレー」に関連する現地ガイド記事

「ビーチバレー」に関連する現地ガイド記事

ビーチバレーに関する現地ガイド記事を集めました。ビーチバレーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

デンマーク経由中央ヨーロッパへの玄関口、マルメ

[2019/08/24] 田中ティナ

マルメは隣国とつながる交通のハブであったため、商業都市としても成長しつつあり、近年では西部湾岸エリアの開発も目覚ましい。中でも目を引くのがスウェーデン一高いとされる190メートルのターニング・トルソーだ。地上部からトップにかけて90度ねじれたデザインが象徴的でまわりに遮るものがなく、すっくと立ちあがる姿はエーレスンド橋からでも見つけることができる。同エリアは以前港や工業施設のあった場所で、今では商業施設、レストラン、スケートボードのパーク、ビーチ沿いには公園やビーチバレーボール施設なども整備され… 続きを読む



デンマークの巨匠ヤコブセン×ビーチ。ベルビュー・ストランドパークに行ってみよう!

[2019/07/30] MizukiPoulsen

1930年代にオープンしたベルビュービーチは、デンマークデザインの巨匠アルネ・ヤコブセンによるデザイン。若き日のヤコブセンが手がけた最初の大作とも言われています。ビーチのアイコンになっているストライプの監視塔、ビーチバレー設備、シャワー、着替え所などの建物から、監視員のユニフォームまですべて担当。2010〜2019年にかけ大規模なビーチのリノベーションが行われましたが、昔の良いところはそのままに、さらに利用しやすくきれいになっています。 続きを読む



期間限定の穴場リゾート!ニュードナウのビーチカフェクラブ「Vienna City Beach Club」

[2019/05/28] バレンタ愛

駅からは少し遠いのと行き辛いのが難点ですが、天気のいい日にゆっくりお散歩がてら歩いてみると気持ちいいドナウインセル周辺。ウィーン市内、そして中心部から地下鉄で10分なのに、リゾート気分たっぷりです。昼間は子連れファミリーやスポーツをする人が集まって来るこの場所。ビーチバレーのコートがあったり、砂浜ビーチが再現されてビーチチェアが置かれていたりするので、気分はまるでビーチリゾート!砂があって遊べたり、水位が浅い所もあるので子連れでも遊べるのが嬉しいですね。大人たちもカクテル片手にビーチチェアで寛い… 続きを読む



サーファーズパラダイス in ヴァルベリ

[2016/09/19] 田中ティナ

夏は海。海のアクティビティーはスポーツ好きなら水泳、シュノーケリング、スキューバダイビング、はたまた砂浜でビーチバレー、貝拾い、さらにのんびり甲羅干しなどなど、気分次第で選択肢はいろいろだ。北欧の夏は湘南のそれより湿気が少なく気温も低いが、海辺ならではの過ごし方には同じように豊富なバリエーションがそろっている。スウェーデンの西海岸、マルメとイエテボリのほぼ中間に位置するヴァルベリは、サーファーズパラダイス。サーフィン、ウィンドサーフィン、カイトサーフィン、そしてSUP(スタンドアップ・パドルボー… 続きを読む



チリの高級リゾート地「サパジャール」へ行こう

[2016/08/20] 鰐部マリエ

元々こじんまりとした人口約5,000人ほどの小さな町のサパジャールですが、夏期シーズンには観光客などで賑わいをみせています。時々チリは年中暑いというイメージを持っている人もいるのですが、実は日本と同じ様に四季があり、夏は暑く冬はとても寒い国です。またチリ沿岸にはフンボルト海流という寒流が流れているので、同じ緯度の海水と比べても7〜8度も冷たいのです。そのため、夏場でも観光客たちは海で泳ぐというよりも腰くらいに入って水遊びをしたり、ビーチでビーチバレーをやったり、パラソルを立てて本を読んだりしてく… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ビーチバレー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。