「ピアノ」に関連する現地ガイド記事

「ピアノ」に関連する現地ガイド記事

ピアノに関する現地ガイド記事を集めました。ピアノの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界一美しいと謳われたカフェ・ニューヨーク、今も健在

[2018/03/19] Hiromi

老朽化した旧ニューヨーク保険会社の建物は2001年にイタリア系ホテルに買い取られ、改修工事が行われた。カフェの部分は修復工事のみで以前と変わらない。ホテルのカフェになっても同じ名前で2006年に再オープンした。今では観光客が列をなして順番待ちするほどの人気ぶりだ。値段はツーリスト価格でウィーンのカフェよりずっと高い。それでも皆、室内の鑑賞料だと思って満足している。二階のバルコニーからジャズピアノが聞こえてきた。行ってみると体格の良いおじさんが味のある演奏をしている。ピアノと交互にロマ民族バンドが… 続きを読む



様々なエピソードが生まれ、映画の撮影にも使われたブダペストのくさり橋

[2018/02/15] Hiromi

ブダペストを舞台にした映画と言えば1999年公開のドイツ・ハンガリー合作映画『暗い日曜日』がある。レストラン経営者のラースローと女給のイロナ、ピアノ弾きのアンドラーシュ、店の顧客だったドイツ人のハンスが繰りなす物語で、主題歌の『暗い日曜日』は英語の「グルーミィ・サンデー」やフランス語の「ソンブレ・ディマーンシュ」で知られている。この曲は1933年にブダペストのレストラン、キシュピパでピアノを弾いていたセレシュ・レジェーが作曲し、レストラン経営者のラースローが詩を書いたもので、甘く物悲しい旋律は世… 続きを読む



市内中心地にありながら、ゆっくりくつろげる隠れ家的カフェ〜Cafe Hofburg〜

[2017/11/25] バレンタ愛

また3月下旬〜10月下旬には外にテラス席が設置されます。カフェの外は大きな銅像が置かれた中庭になっていて、横の道は限られた車と馬車しか通れないので、とても静か。行き交う人や馬車、そして王宮の建物を見ながら静かにカフェタイムを楽しむ事が出来ます。毎週日曜にの11:30〜13:30には店内に置かれたピアノの生演奏もあり。座席は予約可能ですので電話や通りがかった時に席を予約する事も出来ます。このカフェのいい所はこんな中心のロケーションにありながら比較的空いているということ。観光の合間にランチや休憩で立… 続きを読む



オルフェウスの窓を探す旅

[2017/11/24] 吉村 美佳

舞台となる音楽学校は、1874年に教会音楽学校としてでき、今では単科大学になっています。レーゲンスブルクの旧市街から北に向かって歩き、ドナウにかかる石橋を超えてすぐにあるのが、この世界最古の音楽学校です。外観はシンプルですが、内部に入ると、とっても簡潔で機能的。寮もあり、各部屋にはピアノが備え付けられ、24時間練習ができる環境が整っています。勿論レッスン室には、パイプオルガン、またはピアノ完備。パイプオルガンを13個も所有しており、しかも1台当たりに対し最も生徒数が少ない、非常に恵まれた環境で教… 続きを読む



美しい街並みのリトミシュルと偉大なスメタナ

[2017/08/31] 岸 博美

そのリトミシュル城は、スメタナの像から東の方へ緩やかな坂を上っていくと左手に姿を現してくる。音楽祭の期間中は城の中庭に屋根を張って会場となる。城の南側の建物はかつて一部がビール醸造所だったもので、その半分はスメタナ一家が住んでいた住居。そこは現在スメタナ記念館になっている。入口から入ると右側に事務室、居間があり、反対の左側に両親の寝室だった部屋がある。スメタナはここで生まれた。今はおもちゃなどが置かれ、子供の頃にここで遊んでいた様子が想像できる。スメタナは小さいときから町の公の場でピアノを演奏し… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ピアノ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。