「ピラミッド、壁画」に関連する現地ガイド記事

「ピラミッド、壁画」に関連する現地ガイド記事

ピラミッド、壁画に関する現地ガイド記事を集めました。ピラミッド、壁画の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

エジプトで一番のお気に入りと言う人も多い!ツウ好みのシーワ・オアシス

[2010/12/21] すまーふはなこ

カイロから車で12時間、リビアの国境近くのシーワ・オアシスの町に降り立つと、エジプトの他の町とは違った落ち着いた風情を感じます。住人は他のエジプト人とは違い、穏やかで大人しい性質の人が多く、町全体が静かでのんびりしています。町は車がほとんど走っておらず、移動はロバ車か自転車で行います。女性の姿も独特で、結婚した女性は顔を黒や茶色の布で覆い、頭は厚手の布をはおっており、顔が全く見えません。彼らは保守的で、文化も習慣も言語も衣装も独自の伝統を守り続けています。歴史的にも有名で、紀元前331年にエジプ… 続きを読む



洗練されたエジプト土産の人気のお店たち「オウム・エル・ドウニア」「ノマド」「アリババ」

[2010/08/12] すまーふはなこ

フランス人のデザイナーがオーナーというだけあって、他のお店とは違った洗練された雰囲気に包まれています。ヌビア、オアシス、シナイ、上エジプトに伝わる伝統的なハンドクラフトを元に、よりお洒落に今風に作り変えた商品が多く置かれています。カラフルな布や刺繍で彩られたラクダや手の中の目のキーフォルダー、テントを作るための頑丈でカラフルな布で作られたバッグやエプロン、伝統ガラスで作られた食器、イスラミックな模様でデザインされたシルバーやパワーストーンを使ったアクセサリーなどは、他のお店とは一味違ったテイスト… 続きを読む



ティオティワカン遺跡は、ピラミッドだけでなく他の見所もいっぱい!お見逃しなく!

[2010/02/16] しなのゆめみ

ティオティワカンの魅力は、何と言ってもその巨大なピラミッドであり、大都市計画の下にメソアメリカ最大の都として作られ繁栄した壮大な都の跡を高いピラミッドの上から眺めるその光景、そして繁栄期の都を想像する事であるかもしれない。一般的にツアーは、時間制限がある故、ピラミッド登頂だけで終わってしまうかもしれない。もちろんそれはそれで満足できる。だが、もし旅に余裕があったなら是非丸一日くらいの時間をかけて他の見所も見て回ってみるべきである。そして、オリジナルの本物を見て、少しでも1500〜2200年昔の謎… 続きを読む



興味深い、壁画が満載!ベニ・ハッサンの岩窟墳墓群

[2009/08/31] すまーふはなこ

ベニ・ハッサンの岩窟墳墓群は、紀元前2世紀頃の中央国時代の地方豪族たちの墓です。ベニ・ハッサンへ行くには、エル・ミニアの町を拠点とするのですが、ナイル川をはさんで反対側の東側にあります。実は古代エジプトではナイル川の東側に街や神殿を作り、そして西側を死者の町としてピラミッドや葬祭殿、墓が造られました。それにも関らず、ベニ・ハッサンの墳墓群はこれとは反対側に作られています。 この地区では、墓を作るのに適した場所が西側になく、逆にそれに適した岩壁がある東側を選んで作られたそうです。この墳墓群の墓の中… 続きを読む



ラカンドン族の地、密林の保護区地にあるボナンパックは、マヤ文明の壁画がある遺跡

[2009/06/22] しなのゆめみ

ボナンパックはラカンドンのインディへナによって、1946年、世に知られる事になったが、壁画の発見によって、それまでの戦争のない平和な高い文化というマヤ論が覆られる事になる。3つの部屋に総面描かれた彩色豊かな絵は、戦争前の祭り、戦いの壮絶な様、捕らえられた捕虜、そして、その後の勝利の祝いの祭りの様子など、実にリアルに描かれた絵であった。他のメソアメリカ地区と同様に、マヤも常に戦いが重要な都繁栄の起動力となり、また、生贄も宗教的重要な意味を持つものであった。その壁画の実物を是非、ボナンパック遺跡で見… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ピラミッド、壁画」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。