「フィッシュアンドチップス」に関連する現地ガイド記事

「フィッシュアンドチップス」に関連する現地ガイド記事

フィッシュアンドチップスに関する現地ガイド記事を集めました。フィッシュアンドチップスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

シモニスで新鮮なシーフードをお手ごろ価格で満喫!

[2015/10/20] ミツフィ

ハーグにあるスフェベニンヘンはオランダでも有数のビーチリゾートです。ビーチも有名ですが、少し足を伸ばせばスフェベニンヘン漁港へと辿り着きます。漁港の周囲には魚市場、水産会社やシーフードレストランが軒を連ねています。そしてやはり漁港だけに、水産会社の直営ショップでは新鮮なシーフードを買うことが出来、レストランを併設する所もあります。中でもシモニス(Simonis)は人気のシーフードレストランです。 続きを読む



地元の人に大人気の隠れ家バー「Else’s」

[2015/09/01] 佐々木 まゆ

フランス文化が色濃く感じられる高級住宅地、プラトー・モン・ロワイヤルエリア。カジュアルなファーストフード店から、おしゃれで洗練されたレストランやバーがたくさんあり、いつもたくさんの人でにぎわいます。そんな食のハイレベルな場所に、地元の人に大人気のバーがあります。地下鉄Sherbrooke駅から徒歩10分ほど歩いた住宅街の一角にあり、一見普通の家のように見えますが、新聞やグルメサイトから高い評価を受けている隠れ家バーです。 続きを読む



タモンエリアにNEWオープン! 地ビールの種類豊富なダイニングバー

[2015/03/31] NEMO

フィッシュアンドチップス(USD18:約2120円)やアイリッシュオニオンスープ(USD8:約940円)などアイリッシュパブさながらのメニューから、食べ応えたっぷりのハンバーガー(USD14:約1650円)やパスタ(USD15:約1760円)まで、フードメニュー充実しているのもこのお店の魅力。夕方の5時からオープンしているので、ディナーから飲みまでこのお店ひとつでカバーできちゃいます。かしこまったドレスコードがないのでふらりと立ち寄れるのもポイントですよ。 続きを読む



アイルランド西部の中心都市:ゴールウェイ

[2013/07/15] 池内優嗣

スペイン門からケイストリートを少し戻ったところに、アイルランド人が絶賛するフィッシュアンドチップス屋「マクダーナーズ」があります。ここでは魚が○種類から選ぶことができ、他ではなかなか食べることができないサーモンのフライを食べられます。他のフィッシュアンドチップス同様普通の日本人には量が多いので、チップスを頼まないか、シェアして食べることをおすすめします。これまで幾つものフィッシュアンドチップスを食べてきましたが、トップ級の美味しさです。 続きを読む



インナーハーバー散策

[2009/11/12] 西澤律子

カナダにしてイギリスの香り漂うビクトリアの街。この街の魅力を味わうなら、まずは、ダウンタウンの中心部であるインナーハーバー周辺のお散歩はいかがでしょう。港を行き交う小さな渡し船、色鮮やかな花々のハンギングバスケット、行列ができるほどの人気のフィッシュアンドチップスのお店・・・など異国情緒ばっちり。旅人気分に大いに拍車がかかるはず!晴れた日やロマンティックな夕暮れ時なら、ぽんぽん船といった感じの渡し船に乗って、ハーバーを一周したり、対岸まで渡ってお散歩したりするのも楽しいものです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フィッシュアンドチップス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。