「フィナンシェ、マンハッタン」に関連する現地ガイド記事

「フィナンシェ、マンハッタン」に関連する現地ガイド記事

フィナンシェ、マンハッタンに関する現地ガイド記事を集めました。フィナンシェ、マンハッタンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

時差ボケで目覚めた朝は、お買い物で時間を有効活用

[2009/10/12] ゆずれもん

日本とニューヨークの時差は13時間〜14時間(夏時間では13時間)。ほとんど間逆なので旅行時の時差ボケはかなりキツイもの。皆さんもきっと夜中や早朝から目がパッチリ☆するのではないでしょうか。元気一杯の朝から街へ繰り出したいでしょうが、カフェ以外のお店が開くのはだいたい10時ごろからで、それまでの時間潰しがもったいないと思いませんか。でも大丈夫!ロウワーマンハッタンの金融街では朝早くから開店します。カフェやベーカリー、屋台はもちろんのこと、デパートメントストアや、靴屋、時計屋も朝8時前後からオープ… 続きを読む



ビジネスマン御用達のフレンチ・ペイストリー『フィナンシェ・パティスリー』

[2009/05/13] ゆずれもん

マンハッタンの金融街に、甘さの優しいスイーツのお店『Financier Patisserie/フィナンシェ・パティスリー』(以下『フィナンシェ』)があります。私もとってもお気に入りのお店です。友人とのお喋りでカフェを使ったり、お遣いものとしてケーキを買ったりしています。『フィナンシェ』のペイストリーシェフは、パリやNYの高級フレンチレストラン数店で腕を磨き、「安くて美味しいスイーツを提供したい」という精神を今もなお貫いています。美味しくて綺麗なケーキは、1つ3〜4ドル台。ニューヨークではお手軽価… 続きを読む



リゾート地のような優雅なパブリックスペース、教えちゃいます!

[2008/11/12] ゆずれもん

ニューヨーク・ロウワーマンハッタンの再開発の一つとして建設された「ワールド・ファイナンシャル・センター」(以下WFC)は、ウォール街の金融機能や金融企業が入居する超高層オフィスビルです。ここには私がお気に入りの、優雅なパブリックスペース「ウィンターガーデン」があります。ドーム型の天窓からは日の光がさんさんと差し込み、背の高いパームツリーと中央の大階段の設計に思わず感嘆するアトリウム。ふと外に目をやるとハドソン川の景色と、直結するハーバーに停泊する豪華なクルーザー。まるでリゾート地へ来たような気分… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フィナンシェ、マンハッタン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。