「フィレンツェ、彫刻」に関連する現地ガイド記事

「フィレンツェ、彫刻」に関連する現地ガイド記事

フィレンツェ、彫刻に関する現地ガイド記事を集めました。フィレンツェ、彫刻の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

メディチ家の秘密の通路「ヴァザーリの回廊」が一般公開されています

[2016/05/23] 堂剛

ルネッサンスが開花したフィレンツェはメディチ家なくして語ることができません。芸術を愛する彼らの財力によって、ボッティチェリ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロなど多くの芸術家たちが誕生しました。町には半世紀を経た現在もメディチ家ゆかりの美術品や建築物が残っていて、実際に目で見て触れることができるのは本当に驚きです。その一つに今回紹介するヴァザーリの回廊があります。メディチ家が自分たちのためだけに作った1キロにおよぶ隠し通路・・・なんだか謎めいた響きでワクワクしますね。 続きを読む



ココが違う! ルネサンスを代表するミケランジェロの「ダヴィデ」像

[2016/04/20] 木場しのぶ

正直言ってイタリアはどこもかしこも見所一杯で、旅するにもセレクトが難しいですよね!? でも、敢えて言います。フィレンツェに来たなら“世界一有名な巨大な大理石の彫像!”を見ないと必ず後悔します! 中世のネサンス期には数々の芸術家が名を馳せ、彫刻の分野でもブルネッレスキ、ギベルティ、ドナテッロ、そしてジャンボローニャなどが傑作を残しました。そんな中、この時期を代表するあまりにも有名な2体の彫像というと? 「ピエタ」と「ダヴィデ」が挙げられますね。まるで生命が宿っているかのような作品はいずれも巨匠ミケ… 続きを読む



イタリアが誇るウフィツィ美術館で自撮りOK?

[2016/02/12] 木場しのぶ

イタリアでも有数の絵画コレクションを誇る美術館〜それはもちろんフィレンツェの「ウフィツィ美術館」でしょう。この美術館の名を聞いたことがなくとも、“メディチ家”という名は広く知れ渡っていますよね。中世期にイタリアと言わずヨーロッパを代表する銀行家となって巨万の富を手にし、芸術を愛して多くの芸術家のパトロンとなり、フィレンツェを芸術の都と成したファミリーです。そのメディチ家の私的コレクションがこの美術館の始まりで、時代を追うごとに収集した芸術作品の数は増え、今日の数千点に及ぶ所蔵品を抱えるまでになっ… 続きを読む



眩いばかりの黄金の扉、「天国の扉」が修復を終えてお目見えしました!

[2013/02/06] 木場しのぶ

美術ファン待望の修復が完成しました! それは、黄金の扉。旧約聖書のストーリーを、10枚のパネルに彫刻で描き、左右の開き戸に5枚ずつ並べたもの。1425〜1452年にフィレンツェの彫刻家、ロレンツォ・ギベルティによって製作されたものです。かの画家であり彫刻家であり、そしてまた建築家でもあった「ミケランジェロが“天国の扉”と称賛した」というのは、同じように画家であり建築家であり、そしてまた書物家でもあった16世紀のジョルジョ・ヴァザーリ伝。 続きを読む



クーポラとどっちを選ぶ?ジョットの鐘楼でフィレンツェの町を一望しよう!

[2012/04/14] 堂剛

かつてイタリアの首都にもなった花の都フィレンツェ。フィレンツェの魅力はやはり、ルネッサンスの華やかな芸術と美しい街並みでしょう。中世からルネサンス期にかけてヨーロッパの商業・金融の重要な拠点となった町には、美術、建築の傑作が数多く残されています。フィレンツェに来たらぜひ美しい町を上から眺めて欲しいです。サンニコロ地区の高台にあるミケランジェロ広場からはアルノ川やベッキオ橋を含む遠景が望め、映画の舞台にもなったロマンチックなクーポラとジョットの鐘楼からは赤い屋根瓦の情緒ある街並みが一望できます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フィレンツェ、彫刻」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。