「フィレンツェ、職人、皮」に関連する現地ガイド記事

「フィレンツェ、職人、皮」に関連する現地ガイド記事

フィレンツェ、職人、皮に関する現地ガイド記事を集めました。フィレンツェ、職人、皮の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

伝統の皮細工がカラフルでユニークでキッチュに変身! お土産にいかが?

[2010/01/11] 木場しのぶ

フィレンツェは古くから皮革の伝統工芸の栄える町。代々伝わる製作技術に基づいて、工房ではしっとり艶やかな鞄や財布などの小物類、靴などが作られています。そのような工房はこれまでにもご紹介してきましたが、今日の主役はそんな昔ながらの皮細工とは一線を画した、キッチュな商品の並ぶ「Tuorlo(トゥオルロ)」。職人兼オーナーは、日本人のキミさん。小銭入れやペンケース、ポーチなどの小ぶりなケース系に、ペンダントや指輪といったアクセサリーはいずれも、彼女ならではのアイデアがキラッ☆!と光る、見た瞬間惹き込まれ… 続きを読む



斬新奇抜というより“発想の転換”。どこにもない超オリジナルな皮革製品

[2009/11/19] 木場しのぶ

フィレンツェ伝統工芸の皮細工。それがここまで可愛く変身するなんて、きっと感動されることでしょう。いえ、可愛いだけじゃありません、初めて目にするとてもパティキュラーな商品の数々。斬新奇抜という言葉より、発想の転換という言葉が似合う作品たちです。それらをデザインから仕上げまでお一人で作ってらっしゃるのが、Paolo Carandini(パオロ・カランディーニ)さん。お名前がそのままお店の名前になっています。 続きを読む



フィレンツェの伝統工芸、皮の職人さん、ただいま日本語勉強中!

[2008/03/19] 木場しのぶ

超・日本びいきのこの方、Giuseppe Fanara(ジュゼッペ・ファナーラ)さんは皮の職人さん。職人というと頑固親父を想像しがちですが、とんでもない、明るくておだやかな、この道30年の職人さんです。そんなジュゼッペさんの手から生まれるのは、とても上品でかつ愛らしい小物たち。コインケースに名刺入れ、ペンケース、キーケース、そして小箱などは全て、使い込むほどに味・艶のでる牛皮で作られています。 続きを読む



「それでも地球は動く」 ガリレオの偉大さに触れる、科学史研究所兼博物館

[2007/08/08] 木場しのぶ

「レオナルドの他に天才がいた!」興奮した私が友人に送ったメール。私の中で天才といえばレオナルド・ダ・ヴィンチだったわけですが、その日から、もう一人の天才イタリア人にも魅了されることになりました。出会ったのは、フィレンツェの「Istituto e Museo di Storia della Scienza(科学史研究所兼博物館)」。ここは物理学・化学・生物学・天文学・地学など自然科学全般の博物館です。現代科学の基礎を築いた機械や装置、また資料を基に新しく作られたものなどを展示しています。 続きを読む



職人の町フィレンツェで見つけた、斬新デザイナーの手作りバッグ

[2007/07/20] 木場しのぶ

世界にたったひとつしか存在しない、一点もののバッグ。どこに行っても誰ひとり同じものを提げていない、なんていいと思いません?だって、せっかく奮発して買ったのに、出かけた先で赤の他人とお揃い・・・にでもなったりすると本当にガッカリです。現代は大量生産の時代ゆえ仕方ないことかもしれませんが、ブランドのロゴはついてないけれど、全てひと針ひと針丁寧に手作りしている一点もののバッグというのもなかなか素敵ですよ。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フィレンツェ、職人、皮」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。