「フランス、サッカー観戦」に関連する現地ガイド記事

「フランス、サッカー観戦」に関連する現地ガイド記事

フランス、サッカー観戦に関する現地ガイド記事を集めました。フランス、サッカー観戦の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ドイツワールドカップ決勝の町・ベルリンを満喫しつつ、ヘルタの試合をナマ観戦!

[2009/01/27] 元川悦子

2007年夏から続けてきた筆者のサッカー観戦企画も今回が最後。ラストに相応しい町として選んだのが、2006年ドイツワールドカップ決勝・イタリア対フランス戦の行われたベルリンだ。マテラッティのしつこい挑発に切れたジダンが頭突きで一発退場した場面は多くの人の脳裏に焼きついていることだろう。ベルリンの壁が崩壊してから今年で20年。今やドイツが東西に分断されていたことさえ忘れてしまいそうだ。しかし1961年8月13日に一夜にして壁が築かれ、抑圧された東から自由の西へ壁を超えようとして、のべ数百とも数千と… 続きを読む



今からでも松井の試合、バルセロナ戦に間に合う!美食の街・リヨンでサッカー三昧!

[2009/01/15] 元川悦子

パリに続いてフランスを取り上げるサッカー観戦企画。今回は第2の都市・リヨンにスポットをあてることにする。リヨンといえばフランス南東部、ローヌ=アルプ地域県の首府。人口約170万を誇る大都市だ。パリからTGVで約2時間と行き来も容易である。リヨンの鉄道の玄関口は「パールデュー(Part Dieu)駅とペラーシュ(Perrache)駅の2つがある。TGVが多く止まるのはパールデュー、繁華街に近いのがペラーシュ駅。それは覚えておこう。当地は「美食の街」としても世界中に名を馳せており、中心部には高級レス… 続きを読む



松井大輔の新天地・サンテティエンヌで98年フランスワールドカップの足跡を辿る!

[2008/10/31] 元川悦子

今から10年前、岡田武史監督率いる日本代表が初めて出場したワールドカップが、98年フランス大会だった。開催国・フランスが優勝したこのトーナメントで「ベストマッチ」と言われたのがイングランド対アルゼンチン戦。若かりし日のベッカムが、シメオネの度重なる挑発に堪忍袋の緒が切れ、報復行為をして一発退場を食らった名勝負である。この印象深いゲームの開催地がサンテティエンヌ。現在、松井大輔が戦っているところだ。今回はこのサッカー観戦企画で初めてフランスの土地を取り上げることにする。 続きを読む



オランダがイタリア、ルーマニアを撃破した世界遺産の町・ベルンでサッカーを楽しむ!

[2008/07/10] 元川悦子

スペインの優勝で幕を閉じた欧州選手権(ユーロ)2008。今回の企画ではウィーン、バーゼルなど開催都市を紹介してきた。が、まだ取り上げていないのがスイスの首都・ベルンだ。ここではオランダがイタリアを3−0、フランスを4−1で破るなど、歴史的なゲームの何試合かを見ることができた。ユーロは終わっても、その歴史は変わることがない。しかもベルンには「BSCヤングボーイズ(BERNER SPORTS CLUB YOUNG BOYS)」というクラブもある。この先もまだまだサッカーは楽しめるのだ。 続きを読む



決勝など7試合が行われる最大の要所。欧州サッカー最高峰の熱気を感じたい!

[2008/06/20] 元川悦子

前回から始まった欧州選手権(ユーロ2008)特別企画。第2弾は開催国・オーストリアの3試合と準々決勝2試合、準決勝1試合、そして決勝の7試合が行われる最大の要所・ウィーンを取り上げる。ウィーンと聞けば、ドナウ川やハプスブルク家の歴史など、さまざまなことが連想されるが、一番は「音楽の都」ではないか。ハプスブルク家の支配を受けた中世のウィーンでは華やかな宮廷文化が栄え、王宮・ホーフブルク、離宮・シェーブルクなどの宮殿が次々と作られた。こうした中、モーツアルトやベートーベンら数多くの作曲家が活躍。今も… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フランス、サッカー観戦」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。