「フランス、デパート」に関連する現地ガイド記事

「フランス、デパート」に関連する現地ガイド記事

フランス、デパートに関する現地ガイド記事を集めました。フランス、デパートの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

女子旅にも親子旅にもピッタリな「エマール・スクエア」でトルコの最新モールを体感!

[2017/08/27] Yeni

旅先でのちょっとしたお買い物やお土産の物色、食事やお茶休憩にと、ショッピングモールは旅行者の強い味方。しかもトルコのモールは通常10:00から22:00まで営業していて、ほぼ年中無休!これを利用しない手はありません。今やイスタンブールには100箇所以上のショッピングモールがオープンしているほど、この街はモール天国なのです。どこに行こうか迷っているあなたに、2017年4月28日にオープンした最注目の「EMAAR SQUARE MALLエマール・スクエア・モール」をご紹介しましょう。 続きを読む



南ドイツを代表するゴシックの大聖堂、聖ペトロ大聖堂

[2017/07/26] 吉村 美佳

レーゲンスブルクに来て、必ず見るものの一つは、この大聖堂。フランスの影響を受けたゴシック建築で、作られ始めたのは1273年のこと。今現在の形に整ったのは、1869年と、ケルン大聖堂完成の8年前。1000年以上の歴史を持つ、少年合唱団の歌声も有名です。少年合唱団の歌を聴きたい方は、日曜日のミサで聞くことができますが、あくまでもミサであることを忘れないでください。大聖堂内は、夏でもひんやり寒いので服装にも注意が必要です。1240年代に作られたステンドグラス、世界最大の吊り型式のパイプオルガン、聖母マ… 続きを読む



フランスとベトナムの雰囲気を同時に感じる、「コンサーパリス」

[2015/09/08] 古川 悠紀

コンサーパリス通りはホーチミン市1区、市民劇場を北に3分ほど歩いたところにあるロータリーです。ロータリーの中央には聖母マリア教会とマリア像が佇んでいます。教会は二つの尖塔がシンボルマークのネオゴシック建築。教会周辺ではフォトウェディングを撮る新郎新婦の姿をよく見かけます。ウェディングドレスに包まれた新婦はとても綺麗です。是非「おめでとう」と声をかけてあげましょう。ミサの時間になると、教会周辺は非常に混み合いますので、そちらもまた注目どころ。 続きを読む



山に来て雨が・・・そんな日の過ごし方特集

[2014/11/02] 風香

 食の都リヨンや、留学生も多いグルノーブル。そして夏場、日本人観光客も多いシャモニーや、フランスの中のヴェニスと称えられるアヌシーなどの見所満載のロールアルプス地方。何と8月末まで2名以上のグループ旅行者には嬉しい国鉄の割引料金があります。通常一定の決められた時間に子供と一緒に乗車すると25パーセント割引が適用される時もあります。もちろん、割引料金は自動販売機ではなく、窓口で購入します。今回の割引は、大人二人でも、大人と子供二人でもどんな組み合わせでもOK。二人以上から五名以内のグループに40パ… 続きを読む



オランダへの旅行準備

[2014/01/13] 各国現地ガイド

■オランダの治安旅行者を狙ったスリ、置き引き、ひったくりなどの軽犯罪は、アムステルダムなどの主要観光地や国際列車内、空港で発生しています。貴重品は安全な所に保管するか、移動の際は肌身離さずが基本。荷物は常に目の届く場所に置いておくよう心がけてください。参照:在オランダ日本大使館による安全の手引きhttp://www.anzen.mofa.go.jp/manual/netherlands.html#index2-3■コーヒーショップオランダでは、コーヒーや普通の飲み物を飲むところはカフェですが、コ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フランス、デパート」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。