「フランス、パリ、市場」に関連する現地ガイド記事

「フランス、パリ、市場」に関連する現地ガイド記事

フランス、パリ、市場に関する現地ガイド記事を集めました。フランス、パリ、市場の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

19世紀創業の肉専門のレストラン 肉のうま味を満喫

[2018/03/26]

1878年創業のレストラン「Le Louchebem」は肉専門店。かつてパリの中央市場「レ・アル」があった地区に位置しています。パリの中央市場といえば、フランスの作家、エミール・ゾラ(1840〜1902年)が中央市場を舞台にして書いた小説「パリの胃袋」が有名です。この物語が書かれた19世紀後半、中央市場は当時としては珍しいガラスと鉄で作られた建築内にあり、肉、魚、野菜、果物などが積まれていた活気あふれる場所だったといわれています。その中央市場で働く人や野菜や花などを運び少額の収入を得た住民が周辺… 続きを読む



元祖マカロンの味ここにあり! トルコのマカロン、是非お試しを!

[2018/03/15] オキシマ・ヒロミ

マカロンといえばメレンゲとアーモンドパウダーでふわっと焼かれ、中に様々な味のクリームが入ったカラフルなもの。マカロンはイタリアが発祥の地で、16世紀にカトリーヌ・ド・メディチがフランス王アンリ二世の元へ嫁ぐときにマカロンを伝えたとされている。そのマカロンはフランス各地に伝わっていった。今日私たちに馴染みのカラフルなマカロンは20世紀前半のパリで発祥。洋菓子店ラデュレが2枚のマカロンの間にクリームなどフィリングを入れてサンドイッチ状にしたものを売り出したのが始まりだった。卵白に砂糖を加えて泡立てて… 続きを読む



ブルターニュ地方のイルエヴィレーヌ県で、川と緑が美しい街を歩こう

[2017/06/26] 竹内真里

フランス北西部に位置するブルターニュ地方、イルエヴィレーヌ県。パリからTGVで2時間ちょっと(2017年夏から所要時間1時間半に短縮予定)でアクセス可能な県庁所在地レンヌは、リス広場の市場がよく知られています。ぐるりとした城壁の上からヨットが浮かぶ海と古い石造りの街並みの両方を眺められる港町サンマロ、新鮮な牡蠣がおいしいカンカル、エメラルド色がどこまでも続く海岸線、ノルマンディー地域圏に属する世界遺産のモンサンミッシェルにも近いです。こうした超有名観光スポットの他、規模は小さいながらもほのぼのと… 続きを読む



パリでは日本のお弁当がじわじわと流行中。地元の人に愛される『KOEDO』へどうぞ

[2017/05/27] 竹内真里

近年、パリでは日本のお弁当がブームです。とりわけ健康志向が高く、オーガニックな生活スタイルを好む人に人気で、持ち帰りはもちろん、イートイン可のBENTOレストランが続々と出店しています。今回ご紹介するのは駅のホームから営業を開始した『KOEDO』。オーナーはアルザス地方ストラスブール出身のEstherさん。17歳の頃に大阪にホームステイし神戸女学院に1年留学、フランスでは日本企業に3年勤めた経験もあり、日本語はペラペラです。さらに非営利団体などで日仏イベントコーディネートの仕事を手がけ、故郷スト… 続きを読む



パリのブラッセリーを再現した本格派フランス料理レストラン「Le Pois Penche」

[2014/11/03] 佐々木 まゆ

「北米のパリ」「美食の街」とさまざまな名前で例えられるモントリオール。それはフランスやヨーロッパからの移民が多いことから、北米でも類を見ないフランス文化が根付く魅惑的な街だからです。食文化でもフランスの影響を強く受けていて、モントリオール市内にはフランス人シェフが腕をふるう本格的なフランス料理レストランが数多くあります。今回はモントリオール市内の中心にあるフレンチレストラン、「 Le Pois Penche 」をご紹介します。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フランス、パリ、市場」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。