「フランス、ロワール川」に関連する現地ガイド記事

「フランス、ロワール川」に関連する現地ガイド記事

フランス、ロワール川に関する現地ガイド記事を集めました。フランス、ロワール川の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

トゥール市からロワール川に沿って、城めぐりやブドウ畑めぐり

[2010/04/27] 夏樹

フランスの真ん中を東西に流れるロワール川。一般に南仏といわれるのは、ロワール川の南にあたる地方のことで、北と南では、同じフランスでもちょっぴり雰囲気が違います。このロワール川、TGVに乗れば、パリからわずか55分で着く近距離。ブドウ畑の真ん中を走るエコロジックな自転車ツアー、あるいは、ソミュールやシノンのカーヴをめぐって試飲ツアー、カルチャーが好きな人にはお城めぐりもあります。 続きを読む



5月29日まで、忘れられていたフォトグラファー、イジスを見に行こう

[2010/02/16] 夏樹

パリ市役所では、定期的に無料展覧会を開催しています。今回はイジスIzisこと、イズラエリス・ビデルマナスIzraelis Bidermanasの写真展。前回、ご紹介したドワノーDoisneauと比べると、同じく1950年代のパリの庶民や生活を撮っているのに、今まであまり話題にならなかったフォトグラファーです。貧しいロシア移民だった彼の作風には、商品化されにくい、深い哀愁が漂っていて、それが評価されにくかったことがその理由かもしれません。 続きを読む



冬だって光に溢れている南仏

[2009/11/24] 夏樹

いちばんスペインに近い大都市といえば、ここ、ペルピニヤン。パリからTGVでわずか5時間以内で着いてしまう地中海気候の暖かい街。冬でも、氷点下を下がるのはわずか4日。真夏は暑いけれどもカラっと乾燥気候なので、一年中観光できます。このあたりはカタルニア地方といって、17世紀半ばにスペイン王国からフランス領になった地域。今でもカタルニアを話す人々がいて、ロワール川より北のフランスとは少し違う、南国の雰囲気です。 続きを読む



「鏡の間」の光を浴びに、春のベルサイユ宮殿へ

[2009/02/02] 夏樹

ベルサイユ宮殿といえば、世界でもっとも美しい城のひとつ。49年かかって建築された、総部屋数700という大きな城ですが、初めは太陽王ルイ14世のお父さんにあたるルイ13世が狩猟に利用していた小さな城でした。城の入り口から見える、レンガ作りの質素な城がそれで、ルイ14世はその周りを囲む形で自分の新しい城を建てました。そして、お父さんのルイ13世の城にはプライベートスペースである寝室と仕事場を作り、新館のほうには有名なガラスの間など接待用のサロンを作りました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フランス、ロワール川」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。