「フランス、土産、お勧め」に関連する現地ガイド記事

「フランス、土産、お勧め」に関連する現地ガイド記事

フランス、土産、お勧めに関する現地ガイド記事を集めました。フランス、土産、お勧めの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

バルセロナでは食前はVermut(ベルムット)でのんびりと乾杯!

[2017/12/12] 鈴木美佐子

バルセロナに住み始めた当時に新鮮だったのはVERMUT(ベルムット)呼ばれる習慣。のんびりとした週末、「食事前にベルムットでもする?」という誘いに、始めは何のことだかよくわからないまま連れていかれると、この食前酒を飲みながらのんびりとメインの食事までちょっとしたおつまみをつまみながら過ごすことでした。それは自宅であったり、BARだったりと場所は様々ですが週末の午前中を仲間とのんびりと過ごすのは、なんとも贅沢なのです。 続きを読む



フィレンツェで花の香りのショッピング

[2016/07/18] 堂剛

イタリア・トスカーナ州の州都フィレンツェは、古代ローマ時代に花の女神フローラから名付けられたと言われています。町の顔とも言える大聖堂は「花の聖母教会(サンタ・マリア・デル・フィオーレ)」、町の紋章は「百合(ジーリオ)」がモチーフと花にゆかりがあります。だからといって町が色とりどりの花で溢れているわけではないですが、フィレンツェの町を歩いていると、ときおり風にのって花の香りが漂ってきます。今回はその甘い香りの元となる人気の香水店や薬局をご紹介します。 続きを読む



トルコ発、自然派化粧品ブランド「ATELIER REBUL」をフルラインでお試し!

[2016/04/12] Yeni

お店のルーツは、遥かオスマントルコ帝国時代末期に遡ります。当時、フランス人のジャン・セザール・レブル氏が「グランデ・ファーマシー・パリジェンヌ」と言う名でイスタンブールに薬局を開店、その後1920年にトルコ共和国初の薬剤師の一人であるケマル・ムデッリスオール氏が後継者となり「レブル薬局」と看板名を変えました。その後親子3代に渡って脈々と続いてきた「レブル薬局」が、昔から受け継がれてきた伝統と最新技術を融合させたコスメティックショップ「アトリエ・レブル」を誕生させたのです。 続きを読む



食の都リヨンを基点に安く周遊の旅を満喫

[2015/03/06] 風香

フランスの食の都と言ったら、リヨンを思い浮かべる方も多いでしょう。世界遺産登録された旧市街には、数々の名店があります。中世の町並みを色濃く残した旧市街を散策しながら、本場のフレンチ料理を堪能するのも旅の醍醐味。旧市街には魅惑的な美術館も多いので、1日いても飽きないでしょう。しかも、フランス国鉄がリヨンを基点に魅惑的な移動プランを提案しています。少ないバカンスを少しでも有効に使うために考案されたIDバス。寝ている間にパリや、バルセロナ、ミラノなどの大都市に移動することが可能です。しかも、2週間前く… 続きを読む



電車でのアクセスも可!美しいピレネー山脈の景色が楽しめるVALL DE NURIA

[2015/01/25] 鈴木美佐子

バルセロナに住んでいる人にとって、バルセロナの魅力はその街自体だけではなく、ちょっと離れると豊かな自然に触れることができるその立地という人も多い。世界的なリゾート地でもある地中海コスタブラバはもちろん、フランス国境にそびえるピレネー山脈はバルセロナから日帰り、週末旅行でも行ける距離なのです。今回ご紹介するのは電車でもアクセス可能なピレネーの渓谷、ヌリア渓谷(VALLE DE NURIA)では、美しいピレネーの自然が楽しめます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フランス、土産、お勧め」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。