「フレスコ」に関連する現地ガイド記事

「フレスコ」に関連する現地ガイド記事

フレスコに関する現地ガイド記事を集めました。フレスコの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

独立100周年のフィンランドで「キッピス(乾杯)!!」お土産にも嬉しいビールやワイン

[2017/10/21] 靴家さちこ

フィンランドといえばムーミンですが、その原作者であるトーベヤンソンも美味しくお酒を楽しんだ人でした。その彼女の名作のフレスコ画がラベルにあしらわれた、Wine Gallery(ワインギャラリー)の「Suomi Finland100」シリーズは、スパークリング、白、赤ともにフランス産で、いずれもグルメも唸る芳醇で豊かな味わいで喜ばれています。2014年に一足お先に生誕100周年をお祝いしたトーベは、フィンランドとほぼ同い年で時代を共に生きてきた同志。フィンランドの歴史に思いをはせながら、彼女が描い… 続きを読む



山好きの方にお勧め!ダイナミックなギリシャの自然が楽しめるカラヴリタへの旅

[2016/09/26] アリサンドラトゥー芳香

カラヴリタ周辺の有名な見どころを周るには、レンタカーが必要になりますが、必見の一つは、カラブリタから16キロほどの距離にあるカストリア村にある、鍾乳洞「スピレオ・リムノン」です。中に13もの湖がある大きな鍾乳洞は、1964年に村人によって発見されました。また、ギリシャで最も古い修道院の一つで、4世紀ごろ建てられた8階建ての修道院メガロ・スピレオは、天に向かってそびえ立つ岸壁に張り付くように建てられているのが印象的です。火事やドイツ軍の放った火で焼けたフレスコ画に囲まれた礼拝堂に、その火事でも奇跡… 続きを読む



フィレンツェで花の香りのショッピング

[2016/07/18] 堂剛

歴史あるサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局はお店とは思えない内装も見応えがあります。天井からさがる巨大なシャンデリア、壁にかかるのは修道院長や歴代の主の肖像画、そして美しいフレスコ画が描かれた礼拝堂まで併設されています。その豪華絢爛な造りは、まるでフィレンツェの歴史ある香りを刻んだ博物館です。オーデコロン、ローズウォーター、ポプリなど数々の甘い香りが入り混じり、その香りと歴史に包まれるだけでも心地よくさせてくれます。店内奥にはティールームもあって、これまた香り高い紅茶を飲むことができます。疲れた時の… 続きを読む



ハンガリーの名門貴族、エステルハーズィ侯爵家冬の館

[2016/07/07] Hiromi

貴族と言えどもハンガリーの貴族には階級があり、くさり橋を架けたセーチェーニ伯爵やハイドンのパトロンだったエステルハーズィ侯爵などは最高位の大貴族だった。セーチェーニ伯爵はブダペストの至る所に足跡があり、エステルハーズィ侯爵はハンガリーの西端、そして今はオーストリア領になっているアイゼンシュタットなどに多くの足跡がある。エステルハーズィ宮殿として有名なのはハンガリーのショプロン郊外にあるエステルハーズィ夏の城である。広大な敷地の中に建つ大宮殿で、ハイドンも多くの年月をここで過ごしていた。しかし冬場… 続きを読む



ヘルシンキの街中ミュージアムで気軽にムーミンの大作アートを鑑賞しよう!

[2016/06/15] 靴家さちこ

トーベ・ヤンソン展の目玉は、かつて国立博物館近くのスウェーデン系フィンランド人向けの労働者学校に飾られていた、大きな2枚のフレスコ画です。作家のイメージが強いトーベですが、画家としても優れた才能があり、これらの作品は戦後間もない1947年に制作されました。2枚のうち『Party in the City』には華やかな晩餐会が、『Party in the Countryside』には、屋外で音楽を奏でる人々が描かれています。晩餐会に描かれている、タバコを吸う女性はトーヴェ自身だともいわれてます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フレスコ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。