「フレスコ」に関連する現地ガイド記事

「フレスコ」に関連する現地ガイド記事

フレスコに関する現地ガイド記事を集めました。フレスコの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

18世紀から全く手を加えられていない世界遺産エッゲンベルク城

[2019/07/19] Hiromi Okishima

城のハイライトは「惑星の間」と呼ばれる大きなホールで、全ての壁と高い天井をフレスコ画が埋め尽くしている。絵と絵の間に施された真っ白な漆喰のレリーフが美しい。「演劇の間」の壁には貴族たちの踊りの輪の外側で農民たちが楽しく踊っている様子が描かれている。歴代城主の寝室には天井まで届く高い天蓋付きの大きなベッドが置かれ、カード遊びをしたプレイルームの木製テーブルには、掛け金用のコインを置く丸い皿が彫られている。それぞれ特徴があって興味深い。これらのほかにこぢんまりとした小部屋がいくつか並び、18世紀に流… 続きを読む



メキシコ・トゥルムの魅力は遺跡だけじゃない!トゥルムを十二分に楽しむコツとは?

[2019/05/22] Yu Larraz

メキシコ、ユカタン半島の観光スポットで人気の高いトゥルム遺跡(Zona Arqueologica de Tulum)は、ユネスコ世界遺産に登録されているマヤ文明において非常に重要な遺跡です。トゥルムは13世紀〜15世紀に栄えたマヤの都市で、マヤ文明では末期に栄えた重要な港でした。トゥルム遺跡の見どころは、フレスコ画の宮殿や神殿があります。建物の多くは状態がとてもよく、見る楽しみを与えてくれます。トゥルム遺跡で、マヤの歴史を肌で感じながら歩いていると、突然現れるのはトゥルム遺跡敷地内に住むイグアナ… 続きを読む



知られざる地中海の楽園キプロス島へは、トルコからのアクセスが可能!

[2019/05/21] Yeni

キプロス島には、三つの世界遺産があります。ギリシア時代からビザンチン帝国時代にかけての都市遺跡、パフォス。保存状態が素晴らしい新石器時代の遺跡、ヒロキティア。そして、ギリシャ正教の聖堂と修道院のフレスコ画が見事な、トロードス地方の壁画聖堂群です。世界遺産以外では、パフォス近郊にある「アフロディテ生誕の地(ギリシャ語でPetra tou Romiou)」は、ぜひ訪れたいスポットです。また大型ホテルが林立する近代的なリゾート地リマソール(ギリシャ語でLemesos)や、島きっての有名ビーチAgia … 続きを読む



2019年は特別イベントも開催!天井のフレスコ画が間近で観られるカールス教会

[2019/03/09] バレンタ愛

神聖ローマ帝国の皇帝だったカール6世がペストの鎮静を祈願して建てさせた美しいバロック建築のカールス教会は、1739年に完成しました。正面に建つ巨大な2本の円柱と、緑色の大きな屋根が目を引く豪華な教会ですが、内部のフレスコ画も見事!修復に必要だっため足場を組んだのですが、この足場にあるエレベーターを使って天井のフレスコ画のすぐそばまで行けるようになっています。以前は結構揺れていたりしたのですが、2018年、足場を新しくして揺れが少なくなり、そして新たにドーム天井にある窓の1つまで行けるようになりま… 続きを読む



世界遺産都市レーゲンスブルク、見逃せない教会たち

[2018/11/22] 吉村 美佳

広場の中心には、プロテスタントの教会、ノイプファー教会があります。が、ここで注目するのは、普段忘れられがちな聖カシアン教会の方。そこに教会がある、と言われないと見つけられないくらいさりげない外観なのです。実はこれ、レーゲンスブルクに存在する「市民のための教会」の中で一番古いもので、885年に建てられました。そう、なんとカロリング朝時代のものなのです。891年にあった大火災で唯一残ったと言われる建物ですが、その後、12世紀、13世紀に増築されたり、その後の火災で修復されたりしていますので、現在の外… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フレスコ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。