「フレーバー」に関連する現地ガイド記事

「フレーバー」に関連する現地ガイド記事

フレーバーに関する現地ガイド記事を集めました。フレーバーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

まるでアメリカ映画の世界感! グアムNo.1フォトジェニックカフェがここ!

[2018/05/06] NEMO

ここのウリはなんと言ってもハンドメイドのシェイク! メイソンジャーにたっぷり入ったシェイクに、ボリューム満点のホイップクリームがトッピングされたそのルックスは、これまたSNS映え間違いナシ♪ 最初は相当甘いのでは!?と覚悟したものの、ソーダ部分は意外とスッキリしていて飲みやすく、乾いた喉を潤すのにピッタリ♪ 定番人気のストロベリーから南国ならではのココナッツフレーバー、甘いのが苦手な人にはライム&レモン味とフレーバーも豊富なのも魅力です。しかもお値段は2.75USD(約300円)とリーズナブルな… 続きを読む



ほのかにレトロで子どもにやさしい遊園地――リンナンマキ

[2018/04/07] 靴家さちこ

絶叫マシンなんて聞いただけでも目まいがするという方でも大丈夫です。園内にはボールを転がしたり、的に当てたり、昔懐かしのレトロな遊びが集まったゲームコーナーもありますし、「いつものアレがいい」というお子さんには普通の公園もあります。乗りもの疲れしたら、カラフルなのから真っ黒なのまで、各種フレーバー取りそろえた長いひも状の「metrilaku(メトリラク)」というチューイングキャンディーを買って北欧味の肝試しをしても良いですし、ワッフルやソフトクリームやホットドックなどでお腹を満たしても良いでしょう… 続きを読む



バルセロナでは食前はVermut(ベルムット)でのんびりと乾杯!

[2017/12/12] 鈴木美佐子

ベルムットというのはワインにスパイスやハーブなどを配合したフレーバーワインで、日本ではイタリアやフランスのヴェルモット/ベルモットという名前のほうが親しみがあると思います。その起源は古く、古代ギリシャの医師ヒポクラテスが作ったのだとか・・・。VERMUTの語源もドイツ語で薬草ヨモギを意味するwermutからくるといわれています。赤、白とありますが、バルセロナでの人気は赤ワインベースのものです。ロックでオリーブ、オレンジのスライスをうかべたり、ソーダで割って飲んで楽しみます。 続きを読む



デリーで南インド産コーヒーを買うならDevans South Indian Coffeeへどうぞ!

[2017/11/25] 溝内みな

Devans South Indian Coffeeでは、インド産の紅茶も扱っています。オーガニック、ファーストフラッシュ、ホワイトなどのダージリン、グリーンティーもあるアッサム、ニルギリ、その他にはウッタルカンド州産のカモミールティーなども扱っています。また、日本へのお土産に人気のマンゴ、ミント、バニラ、アールグレー、チョコレートなどフレーバーティーもあります。デリーでコーヒー、紅茶のお土産を買うならDevans South Indian Coffeeを訪れてはいかがでしょうか! 続きを読む



ユニークな食材で話題のアイスクリームショップ

[2017/10/25] 大山真理

おすすめは、オーガニックラベンダーを使った「ハニーラベンダー」。こちらは、カリフォルニアのワインで有名な地域、パソロブレスにあるラベンダー畑「セントラルコースト・ラベンダーファーム・アンド・アポセカリー」で育てたもの。約900グラムのラベンダーを、はちみつとクリームに浸して作った。スモーキーなラベンダーの強いフレーバーと、はちみつの甘みがぴったりマッチ。なかなか上品な味も人気の秘密。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フレーバー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。