「フレーバー」に関連する現地ガイド記事

「フレーバー」に関連する現地ガイド記事

フレーバーに関する現地ガイド記事を集めました。フレーバーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ヘルシーでエコフレンドリー!バナナのソフトクリーム「バナン」

[2017/09/11] 綱島モミ

バナナのソフトクリームと言っても、フレーバーの種類は豊富。バナナ味の他に、アサイ味、ルーツ味(赤カブ・ジンジャー・ウコンなど)、グリーン味(ケール・ミントなど)、リリコイ味(パッションフルーツ)、グリーンティ味、チョコレートマック味などがあります。パイナップルやイチゴ、グラノラなどのトッピングも自由に選べるので、ぜひ、自分好みの、オリジナルのバナナボールをオーダーして、ハワイの日差しのもとヘルシーなデザートを楽しんでみて下さい。 続きを読む



ロンドンのクラフト・ビールを味わおう!ワイルド・カード・ブルワリー

[2017/09/02] ディキンソン恵子

ワイルド・カード・ブルワリーは、小規模の醸造所兼バー。趣味でビールの醸造をしていたというチームが、本格的にクラフト・ビールの醸造所を始めたのが2014年。まだまだ歴史が浅い醸造所ながらも、地元でジリジリと人気が出て、今ではロンドンをはじめ、全国にワイルド・カード・ブルワリーのビールを置くお店が少しずつ広がっています。エール、ラガー、ポーターなどの定番ビールの他、季節の果物などを使用したフレーバーのビールも季節限定で醸造しています。バーは金曜日、土曜日と日曜日のみ営業ですが、DJやバンド演奏などの… 続きを読む



貴重な地質の宝庫、世界ジオパークのランカウイ島にセントレジス・ランカウイが誕生!

[2017/05/19] 古関千恵子

レストラン&バーは5カ所。中でも注目したいのは、水上に築かれたアジア料理「カユ・プティ」。手掛けたのは、トロピカル建築の巨匠、ビル・ベンスリーです。100年以上前の扉や窓をヤンゴンのオランダ大使館から移築し、ラクダの骨で装飾されたチーク材の60本の柱をインドから運んだそう。アジアと中東の香りを取り入れたモダンフレンチの「オランジュリー」、ホームメイドのパンやペストリーを揃えた「グルマンデリ」など、食の選択肢が揃っています。そしてセントレジスといえば、各プロパティでフレーバーが異なる“ブラディ・マ… 続きを読む



辛いもの好きにおススメ! おいしい激安インスタントグルメを買って帰ろう

[2017/02/18] 田尾蓮果

日清食品のインスタントラーメン「みく屋ラーメン」。こちらもインドネシア工場で国内向けに作られたものなので、日本では売られていないピリ辛味が辛いもの好きを虜にする。「Tori Kara Flavor」と書いてあるのは「辛いチキンフレーバー」という意味(鶏の唐揚げではない)。食べた感じはチキンというよりとんこつ系に近い。袋の中にはスープの粉のほかにラー油とオイルが入っているが、もっと辛くしたい人は七味やラー油を足すと良いだろう。私はできたラーメンの上にスライスチーズ(スモーク味)を2枚、ちぎって乗せ… 続きを読む



ミシュラン星付きレストランのアイスクリーム『ROCAMBOLESC』!ついにバルセロナにもオープン

[2017/01/31] 鈴木美佐子

種類はソフトタイプのアイスクリームとアイスキャンディーがあります。人気はソフトタイプでフレーバーは6種類(チョコレート、焼きリンゴ、カボチャとマンダリンのシャーベット、ココナッツとすみれ、パネトーネ、ヨーグルト)そしてトッピングをを選びます。トッピングは三種類の選びます。フルーツなど基本的なものから口のなかでパチパチはじけるPETA ZETASのチョコレート、手作りマショマロ、クッキーなど種類が多く、目移りしてしまいます。基本は三種類トッピングを選ぶことができるが、迷ったときはフレーバーに合わせ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フレーバー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。