「フレーバー」に関連する現地ガイド記事

「フレーバー」に関連する現地ガイド記事

フレーバーに関する現地ガイド記事を集めました。フレーバーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

バルセロナでは食前はVermut(ベルムット)でのんびりと乾杯!

[2017/12/12] 鈴木美佐子

ベルムットというのはワインにスパイスやハーブなどを配合したフレーバーワインで、日本ではイタリアやフランスのヴェルモット/ベルモットという名前のほうが親しみがあると思います。その起源は古く、古代ギリシャの医師ヒポクラテスが作ったのだとか・・・。VERMUTの語源もドイツ語で薬草ヨモギを意味するwermutからくるといわれています。赤、白とありますが、バルセロナでの人気は赤ワインベースのものです。ロックでオリーブ、オレンジのスライスをうかべたり、ソーダで割って飲んで楽しみます。 続きを読む



デリーで南インド産コーヒーを買うならDevans South Indian Coffeeへどうぞ!

[2017/11/25] 溝内みな

Devans South Indian Coffeeでは、インド産の紅茶も扱っています。オーガニック、ファーストフラッシュ、ホワイトなどのダージリン、グリーンティーもあるアッサム、ニルギリ、その他にはウッタルカンド州産のカモミールティーなども扱っています。また、日本へのお土産に人気のマンゴ、ミント、バニラ、アールグレー、チョコレートなどフレーバーティーもあります。デリーでコーヒー、紅茶のお土産を買うならDevans South Indian Coffeeを訪れてはいかがでしょうか! 続きを読む



ユニークな食材で話題のアイスクリームショップ

[2017/10/25] 大山真理

おすすめは、オーガニックラベンダーを使った「ハニーラベンダー」。こちらは、カリフォルニアのワインで有名な地域、パソロブレスにあるラベンダー畑「セントラルコースト・ラベンダーファーム・アンド・アポセカリー」で育てたもの。約900グラムのラベンダーを、はちみつとクリームに浸して作った。スモーキーなラベンダーの強いフレーバーと、はちみつの甘みがぴったりマッチ。なかなか上品な味も人気の秘密。 続きを読む



オランダの国民酒「イェネーファ」通になるための基本情報

[2017/09/25] テメル華代

ジンの起源となったオランダのお酒、イェネーファ(jenever)。17世紀に熱病の薬として発明されてから350年間、国民酒としてオランダの人々に愛飲されてきました。大麦麦芽やライ麦を発酵させた醪を2、3回蒸溜してモルトワインを造り、イェネーファ・ベッセン(杜松の実)を加えて再溜します。イェネーファ・ベッセンの爽やかなフレーバーが特徴で、ジンよりも麦芽香が強くコクのある味わいです。EUの原産地呼称統制(AOCs)により、オランダ、ベルギーの二カ国と、フランス、ドイツの一部産地で製造されたものでなけ… 続きを読む



インド・デリーで、確かな品質の紅茶をショッピング出来る1954年創業のミッタルストアズ

[2017/09/21] 溝内みな

フルーツフレーバーティーの種類は、マンゴ、ピーチ、ライチの3種類です。ダージリンとアッサムティーをブレンドしたものに、それぞれのフルーツを乾燥させた本物の断片を混ぜています。こちらは、フルーツの断片を混ぜて一晩置いた後にパックするそうで、開封しなければ約1年は、香りが持つそうです。パックを開封した後は、密閉できる容器に移し替えて、陽の当たらないところで保管してくださいとアショクさんの弁。筆者はマンゴティーを購入し、今、原稿を書きながら飲んでいますが、美味です!日本人に人気なのはマンゴだそうですよ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フレーバー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。