「ブラックベリー」に関連する現地ガイド記事

「ブラックベリー」に関連する現地ガイド記事

ブラックベリーに関する現地ガイド記事を集めました。ブラックベリーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ホスピタリティー第一のレストラン「エーシ・ビストロ」

[2017/09/14] Hiromi

日本でも知られるようになったマンガリッツァ豚はハンガリーの国宝で、初めて食べたときはこんなに美味しい豚肉がハンガリーにあるとは、と驚いたものだ。今ではすっかりお馴染みになったマンガリッツァは、エーシ・ビストロではこんな風に出てくる。素朴な料理だが豚肉そのものが抜群に美味しい。ワインはヴィラーニ産の赤。壁にハンガリーワインの産地を記した手書きの様な地図があり、22の栽培地域が示されている。デザートはチョコレート・ミルフィーユのベリー添え。ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーが添えられた美しいデ… 続きを読む



カナダで人気の夏の食べ物!

[2017/05/30] 佐々木 まゆ

一年中さまざまな種類のくだものが並ぶカナダのスーパーマーケット。特に春夏になると、たくさん出始める代表的なくだものが、ベリー系です。日本ではベリーと言ったら多くの人はストロベリーだと思いそうですが、こちらでは、ブルーベリーやラズベリー、クランベリーと、ベリーの付くくだものがたくさんあります。なかでもケベックで作られるブラックベリーは、19世紀に北米東部で栽培され始めた、甘みとちょっぴり酸味のある私のお気に入りのベリー。 続きを読む



セレブ御用達のカジュアルレストラン

[2016/11/22] 大山真理

ここのレストランで外せないのが、ロサンゼルスで1番おいしいといわれる「Butter Biscuits and Condiments(バタービスケット・アンド・コンディメンツ)」。バターたっぷりで生地が何層にもなったビスケットは、絶妙なさくさく感がたまらない。ビスケットだけで食べてもいいし、サイドのブラックベリージャム、ピメントチーズ(アメリカ南部料理でよく使われるチーズ)、はちみつ入りバターと合わせてもOK。アメリカで最も権威あるピューリッツア賞受賞の料理評論家、ジョナサン・ゴールドも大絶賛。 続きを読む



きっと喜ばれる!おすすめのカナダのお土産

[2016/07/14] 佐々木 まゆ

まずご紹介したいのは、カナダの夏の食べ物”ベリー“を使ったジャムたち。カナダはブルーベリーやラズベリー、クランベリーなどのベリーが付く果物の産地で、収穫量は世界でもトップに入ります。イチゴやブルーベリージャム以外にも、ラズベリーやブラックベリーを使ったジャムと、バラエティーが豊富。もちろんベリー以外の果物のジャムもあり、アプリコット、オレンジ、りんごなどもおすすめです! 続きを読む



オーガニック北欧グルメに舌鼓!レストランRadioで旅の思い出を。

[2015/01/02] MizukiPoulsen

レストランマネージャーがセレクトする、コースメニューに合わせたワインコース、またはノンアルコールコースがオススメ。もちろんドリンクもオーガニックです。ワインメニューは5コース400dkk、3コース250dkk。ノンアルコールメニューは5コース200dkk、3コース120dkkです。例えば、ノンアルコールの5コースは、きゅうりとレモンの青みが強いジュース、メイヤーズのアップルジュース+海藻パウダー、ブラックベリーソーダ、エルダーフラワージュース、プラムジュースの5ドリンクでした。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ブラックベリー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。