「ブリュッセル、トラム」に関連する現地ガイド記事

「ブリュッセル、トラム」に関連する現地ガイド記事

ブリュッセル、トラムに関する現地ガイド記事を集めました。ブリュッセル、トラムの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オランダのユダヤ社会の歴史を知る。ユダヤ歴史博物館

[2016/07/20] ミツフィ

世界中にあるユダヤ社会については、皆さんも聞いたことがあると思います。オランダの場合、17世紀の黄金時代の一役を担っていたのがオランダのユダヤ社会で、オランダという国を知る上で興味深い事項かもしれません。ユダヤ人のオランダ移住から黄金時代への貢献、一転してホロコーストの悲劇、そして現在に至るまでのオランダでのユダヤ社会の展示を、アムステルダムのユダヤ歴史博物館で見ることができます。ユダヤ歴史博物館は4つのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)から構成され、常設展は主に「1600年から1900年」と「1900… 続きを読む



チェコの最新アートをチェックするならココ、DOXへ

[2009/07/07] 有賀みかる

観光客はあまり訪れないホレショヴィツェ地区の住宅街に最新アート発信地DOXが昨秋オープン。「Art is a waste of time…」という皮肉なコピーもサマになる、自由で幅広いプログラムが人気。81年にオーストラリアへ亡命し、ビロード革命後の95年にチェコへ戻ったヴァールカ氏を中心に設立された私立のミュージアムなので、国立美術館などでは展示されない前衛的なアートも見られ、“今”を感じる美術館。建築好きのオーナーだけあって、建物自体も美しい機能主義スタイル、インテリアも超モダンです。 続きを読む



ヨーロッパで最も美しい森のひとつ、カンブルの森〜ルイーズ通りから続く市民の憩いの公園へ

[2008/07/03] 内田由香

ブリュッセルという街の特徴の一つに、緑の豊かさが挙げられると思うのですが、なんと市内の公園の数は80を越えるそうです(ここでいう公園=緑地や庭園のこと。子供の砂場・遊び場の類いはカウントされていません)。この人口100万の小さな都会では、緑の中に人々の暮らしがあるといっても良いほどの数です。というのも、その緑地のほとんどは元々「ソワーニュの森」と呼ばれる広大な森で、歴史とともに一部を公園として切り取り、市民に解放されたという経緯を持っています。 続きを読む



なんと電車で森の中へ!マロニエの並木を走るレトロなトラムで夢の世界へ!

[2008/04/15] 内田由香

ヨーロッパで「市電」と聞くと、「チーン」という音と供に、都会の町中を網の目状にス〜っと走って行く姿が浮かびます。ブリュッセルで市電は「トラム」と呼ばれ、毎朝毎夕、学生やビジネスマンの通学通勤の足として大活躍! 市内では観光客の足としても欠かせない存在となっています。そしてブリュッセルの場合、トラムの終点が郊外の素敵な観光地へ至るルートもいくつかあるのです。そのひとつが、モンゴメリー駅からトラム44番に乗って美しいテルヴューレン公園へ着くコースです。広大なソワーニュの森の中を走る区間はまるで夢の世… 続きを読む



その数1000軒!ブリュッセル=アールヌーヴォー建築の都を散歩する!

[2008/04/10] 内田由香

ブリュッセルの住宅地を散歩したり、トラムで移動していると、美しい窓が特徴的なアパルトマンをあちこちに発見できます。その美しい窓のほとんどは大きく、木製や鉄製の窓枠はそれこそ「曲線美」!! なかなか日本でお目にかかれない美しさと歴史を刻んだ姿に思わずうっとり! 実は、ブリュッセルは「アールヌーヴォー建築の父」と言われたビクトール・オルタ氏を生んだ場所で、アールヌーヴォー建築分野においてすばらしい発展を遂げた場所でもあるのです。今でも1000ものアールヌーヴォー建築が残り、うち建築的価値が高いものだ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ブリュッセル、トラム」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。