「ブローチェ」に関連する現地ガイド記事

「ブローチェ」に関連する現地ガイド記事

ブローチェに関する現地ガイド記事を集めました。ブローチェの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オランダで最も有名なクロケット。ヴァン・ドゥベン

[2016/05/28] ミツフィ

やはり日本人旅行者としては、本場オランダの有名クロケットの本店は覗いてみたくなるものでしょう。そんな方はレンブラント広場にほど近い本店「エートサロン・ヴァン・ドゥベン(Eetsalon Van Dobben)」を訪れてみましょう。本店の内部はオランダではよく見かけるこじんまりとしたエートハウス。店内ではスタッフと気さくに歓談する地元アムステルダムの人々。"ブローチェ・クロケット"ことクロケットのサンドイッチをオーダーすると、食べやすいように縦半分にカットされたものがバンズの上に乗せてあります。お… 続きを読む



サマータイム営業オンリーのユニークなカフェテラス

[2011/06/18] ミツフィ

ちょっと上をみあげれば、そこには威風堂々としたドム塔が。運河沿いのアンティーク建築に囲まれたテラスは、オランダの小京都ユトレヒトを満喫するのにぴったりです。そしてこのカフェの建物は?と見渡してみると、キッチン専用の小さな建物はありますが、客席はなんとテラス・オンリー。客席はテラスのみのため、4月から10月までの期間限定のユニークなカフェなのです。メニューはドリンクからサンドイッチ、ケーキなどの軽食。本店がパン屋さんなので、サンドイッチはクラブサンドイッチからオランダ式サンドのブローチェ、両面焼き… 続きを読む



クロスカルチャーな定番スナック!スリナム・ブローチェ

[2009/12/07] ミツフィ

オランダに定着しているスリナム料理はレストランもありますが、よく見かけるのがスリナム・スナックや、スリナム・ブローチェと呼ばれるサンドイッチ。例えばスリナム・ブローチェ(Surinam Broodje)。中の具は大体数種類あります。独特の香辛料が利いたチキン、ポーク、エビ、ビーフ、そしてポテトなどが代表的。オーダーする側はそれらの具の中から一種類選び、オランダのパン、ブローチェの中に挟んで食べます。 続きを読む



旅人の強い味方。手軽に食べられるドネルケバブ

[2008/07/07] ミツフィ

ドネルケバブは、もともとはトルコ系の移民が持ち込んだものです。主に牛や羊、鳥の肉が使用されます。香辛料で風味を付けスライスした肉を串に差し積層し、巨大な塊にしたものをグリルします。食べるときには専用の電動カンナでグリル肉を削ぎ落とします。それを両面をパニーニのようにこんがり焼いたパンにはさんだ物が、オランダでは「ブローチェ・ドネル」と言われています。ブローチェ・ドネルは、肉と一緒にトマトやレタスなども挟みます。そしてやはりオランダでの特徴は、ガーリック入りのマヨネーズやサンバルをつけて食べること… 続きを読む



絶品!オランダの代表的な魚、ハーリング!

[2008/04/25] ミツフィ

さてハーリング自体は他のヨーロッパ諸国にもありますが、オランダの食べ方は実に独特です。骨、頭、内臓などを取り除いたハーリングに玉ねぎのみじん切りをかけ食べます。よく見かけるのが、ハーリングのしっぽを持ち、顔の位置まで掲げ、パン食い競争のパンを食べるようにパクつく、というもの。しかしこの食べ方が恥ずかしい人や、食べにくい人は「切ってください」と魚屋さんに言えば、一口大にカットしてくれるので、ご安心を。またブローチェハーリング、と魚屋さんに言えば、パンにはさんだハーリングのサンドイッチが出てきます。… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ブローチェ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。