「プノンペン、アンコール遺跡、距離」に関連する現地ガイド記事

「プノンペン、アンコール遺跡、距離」に関連する現地ガイド記事

プノンペン、アンコール遺跡、距離に関する現地ガイド記事を集めました。プノンペン、アンコール遺跡、距離の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アンコール時代に起源を持つといわれるクメール伝統のキックボクシングを観戦しよう!

[2009/05/08] 井伊 誠

観光インフラが整うに連れて、カンボジアで旅行者が楽しめるエンターテイメントも次第に増え、多様な楽しみ方ができる国になってきました。「見所がない」と言われ、存在感が薄かった首都プノンペンも、さまざまな表情を見せる町へと姿を変えてきています。今回はそのプノンペンで楽しめるスポーツ(格闘技)観戦についてご紹介します。そのスポーツとは、カンボジア語でプロダルセレイ(「自由なスタイルのボクシング」の意)と呼ばれるキックボクシングです。 続きを読む



水田地帯にそびえる現代の「遺跡」、プラサート・ノコー・ビミアンスオ

[2009/01/23] 井伊 誠

首都プノンペンには外国人旅行者が楽しめる観光資源があまりないこともあって、カンボジア観光におけるこの町の存在感は残念ながら大きいとは言えません。しかし、プノンペンだけを観光するのではなく、この町を観光の拠点と捉え、足を伸ばす地域を郊外や近隣の州まで広げてみると、楽しめる範囲がぐっと広がるのです。そこで今回は、プノンペンから日帰りで気軽に行ける場所をひとつ、ご紹介しましょう。1997年に完成した現代の「遺跡」プラサート・ノコー・ビミアンスオです。 続きを読む



アンコール王朝を生んだカンボジアの大地を空から眺める旅に出よう!

[2008/10/10] 井伊 誠

カンボジアを旅する際、利用できる交通手段はさまざまで、旅の日程や目的、予算、好みなどにあわせて選択することができます。車をチャーターしたり、地元の人と一緒に長距離バスで移動してみたり、水路をボートで走ってみたり、路上でバイクタクシーを拾ってみたりと、旅を演出する交通手段はさまざまです。ところで、首都プノンペンとアンコール遺跡群観光の拠点となるシェムリアップ州を結ぶ交通手段としては、長距離バスと飛行機が一般的だと思います。以前、この区間における長距離バスの旅の魅力についてご紹介したので、今回は空の… 続きを読む



地方間を結ぶ長距離バスに乗ってカンボジアの田舎の風景を味わおう!

[2008/07/15] 井伊 誠

カンボジア観光の目玉といえばシェムリアプ州にあるアンコールワットやバイヨンなどをはじめとするアンコール遺跡群と、首都プノンペンの王宮や国立博物館、ツールスレン博物館などでしょう。この両都市を回る場合、旅行日程にゆとりがあるようなら飛行機ではなく長距離バスでの移動を試してみませんか。各国から旅行者が訪れることもあり、この両都市間には複数のバス会社が長距離バスを走らせています。飛行機の旅には飛行機の旅の魅力がありますが、今回はカンボジアのバスの旅の魅力についてご紹介したいと思います。さて、その魅力と… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プノンペン、アンコール遺跡、距離」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。