「プノンペン、鍋」に関連する現地ガイド記事

「プノンペン、鍋」に関連する現地ガイド記事

プノンペン、鍋に関する現地ガイド記事を集めました。プノンペン、鍋の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

安くておいしい地元の味 パエンオンコーでカンボジア料理ざんまい

[2010/02/17] 井伊 誠

外国人旅行者でも入りやすく、英語のメニューを用意しているカンボジア料理店というのは、プノンペンにはそう多くありません。また、そうした店の料理の多くは、外国人向けの味を教え込まれた/または知っている料理人が作っているため、地元の人が日常的に食べている料理の味とはちょっと違います。もちろん、それはそれでおいしいのですが、せっかくカンボジアまで来たのだから、地元の味も知りたい、という方もいるでしょう。そんな方におすすめしたいのが、ロシアンマーケット(トゥオルトンプーン市場)近くのレストラン「パエンオン… 続きを読む



オルセイ市場の屋台で活気あるカンボジアの夜と屋台料理を体験しよう

[2009/10/28] 井伊 誠

せっかく東南アジアの国へ旅に出るのだから、土地の料理を味わいたい。特に屋台の食を体験してみたいけれど、一体何時頃どこに行けばおいしい屋台料理を楽しめるのかわからない、といった方は少なくないのではないでしょうか。そんな方々のために、旅行者でもわかりやすいプノンペンの屋台スポットをご紹介しましょう。プノンペンのほぼ中心部に位置するオルセイ市場の屋台街です。日中は駐車場として利用されているスペースですが、夕方以降になるとたくさんの屋台で埋め尽くされ、多くの地元市民も食べにくる人気スポットへと変貌します… 続きを読む



手作り感がぎっしり詰まった素朴な味わいの素焼きをお土産にいかが?

[2009/08/04] 井伊 誠

その土地の土の色が自然な風合いで出る素焼き。カンボジアでも古くからいくつかの地域で生産されていますが、なかでも有名なのが首都プノンペンから北に約90キロほどのところにあるコンポンチュナン州です。コンポンチュナンという地名は、直訳すると「鍋の浜・港」という意味。その名のとおり、米作りが始まり煮炊きの必要性が生じた時代からコンポンチュナンでは素焼きの鍋が作られ、航路トンレサープ川を伝って各地へ運ばれたと言われているのです。 続きを読む



プノンペンの新名所ソバンナショッピングセンターで密かな人気を呼ぶ「回転鍋」

[2009/06/12] 井伊 誠

ガイドブックなどで紹介されたこともあり、カンボジア料理の定番になりつつある鍋料理チュナンダイ(「土鍋」の意)。文字通り、スープを張った土鍋に肉や野菜、キノコ、麺、春雨などを入れてぐつぐつ煮て食べる鍋料理で、首都プノンペンやシェムリアップ、バッタンバンなどには数多くの専門店が自慢の味を競い合っています。また、隣国タイから入ってきたカンボジア版タイスキの「スップ」も人気で、おいしい店はいつも多くの地元客で混み合っています。ところで、プノンペンでは最近、ちょっと変わった趣向を凝らした鍋料理が登場したん… 続きを読む



一人300円くらいでお腹いっぱい!魅惑のヤギ鍋料理を楽しもう

[2008/11/14] 井伊 誠

カンボジアで味わえる鍋料理として、旅行者にもずいぶん知れ渡ってきたチュナンダイ。チュナンは鍋、ダイ(デイに近い音)は土の意味で、つまり土鍋を使った鍋料理のことです。野菜や湯葉、肉類、キノコ、春雨などと一緒にだしを張ったスープでぐつぐつと煮込んだ鍋で、ガイドブックでも紹介されているため、食べてみたいと思った方は少なくないことでしょう。ところで、一般的なチュナンダイに入れられる肉は牛肉が多く、豚肉や鶏肉などを出す店もあるようですが、もうひとつ、ヤギ肉の入った鍋料理があるのをご存知でしょうか。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プノンペン、鍋」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。