「プラハ城、レストラン」に関連する現地ガイド記事

「プラハ城、レストラン」に関連する現地ガイド記事

プラハ城、レストランに関する現地ガイド記事を集めました。プラハ城、レストランの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

危機を乗り越えた「黒牛亭」にて、チェコの“ビール道”を体験

[2012/05/28] 有賀みかる

どこの国でも、国民的飲物とともに憩える場所ってありますよね。台湾なら茶荘で中国茶、香港なら飲茶、フランスならビストロでワイン...そしてチェコならもちろんホスポダ(ビールを飲ませるビアホールのこと)でビール! ビールの原料となる大麦、ホップ、そして良質の軟水の3拍子揃ったボヘミア地方(大まかにチェコの地図で言う左半分)は、まさにビールのために用意されていたとでもいうべき土地。味の決め手となるホップは日本でも栽培できますが、赤土と水はけの良さ、寒暖の差など細かな条件がぴたりと揃うジャテツ(ドイツ国… 続きを読む



骸骨シャンデリア! クトナーホラの納骨堂

[2011/02/19] 有賀みかる

プラハ本駅から電車で約1時間東へ走ると、クトナー・ホラという小さな駅があります。現在では小さな地方都市にしか見えませんが、中世のその昔、銀鉱のおかげでプラハについで栄えた街。13世紀当時に既に全ヨーロッパのほぼ3分の1もの銀産出量を誇り、中央造幣所が置かれ、ここで作られた良質な硬貨グロシュは広くヨーロッパに流通し歴代チェコ王の豊かな経済を支えました。街のピークは中世の“シルバーラッシュ”時代で終わったものの、当時が偲ばれる名所旧跡が満載。プラハから十分日帰りできるクトナー・ホラ、なかでも見逃せな… 続きを読む



閑静な住宅街にあるカントリー風雑貨の店Interier del Arte

[2010/09/05] 有賀みかる

たとえ旅先でも可愛らしいアンティークショップや雑貨屋さんは素通りできないのが女子というもの。プラハ城やルズィニェ空港へのアクセスも便利なプラハ6区のデイヴィツェ地区にできた雑貨屋さんInterier del Arteは赤毛のアンの世界の欧州版ともいうべきフレンチカントリー雑貨のお店で、ちょっとわかりにくい裏通りにあるけれど目指してでものぞいてみたい1軒。付近のデイヴィツェ地区はその立地からチェコの政治家や日本人も含む外国人ビジネスマンが多く住み、各国料理のレストランやショップも多い高級住宅街。 続きを読む



ヴルタヴァ川船上クルーズの雄、Jazz Boatで音楽も夜景も満喫

[2010/08/13] 有賀みかる

観光地といえばクルーズ、旅慣れた方にはあまりにベタな選択かもしれませんが、在住者の私でもプラハに限っては全種類の船に乗りたい!と思うほど魅力的なヴルタヴァ川のクルーズ。どうしてってプラハ城はじめ、橋や鉄橋、中州の島たち、河岸の建物が美しいから。これに尽きます。ヴルタヴァ川は夏は特にいろんな種類の観光船で混んでいるけれど、優雅な気分に浸れるのはJazzバンドが船上で生演奏してくれるジャズ・ボート。2Fのオープンデッキは夏のみですが、1年中ほぼ毎晩運航しています。 続きを読む



プラハを一望! 夜景も美しいジシコフ地区のTV塔

[2009/09/23] 有賀みかる

プラハは中世の街並み、古い建築の多い街ですが、そのほぼどこからも見える奇妙なグレーの目立つ塔があります。プラハ城からもよく見えるのでおとぎ話のような赤い屋根屋根の街並みを壊している、という意見もよく聞くジシコフ地区にあるTV塔がそれ。高さ216m、海抜474mを誇るプラハで最も高い場所のひとつ。共産党政権時代末期から取り掛かり、革命を経て1992年に完成、その後何度も取り壊し計画が浮上したものの、2000年には若手人気彫刻家ダヴィッド・チェルニーが手がけた巨大赤ちゃん像が塔の外側を飾り、独特の存… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プラハ城、レストラン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。