「プラハ、おすすめ、カフェ」に関連する現地ガイド記事

「プラハ、おすすめ、カフェ」に関連する現地ガイド記事

プラハ、おすすめ、カフェに関する現地ガイド記事を集めました。プラハ、おすすめ、カフェの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

プラハから電車ですぐ! ベロウンの陶器マーケット

[2010/06/08] 有賀みかる

海外で地元の青空マーケットをのぞくのが好き、という方はきっと多いはず。なかでも陶器に目がないという方に紹介したいのが、プラハから南西へ30kmほどいったベロウン(Beroun)という町の陶器市。プラハ本駅から簡単に乗り換えなしの電車で40分〜1時間ほどで行けて、駅から会場の広場までもお散歩感覚でスグなので、土地勘がなくとも大丈夫。往復でも120コルナほど(約600円)とリーズナブルだし、線路は川沿いなので窓際に座ればちょっとした『世界の車窓から』気分を味わえて電車好きにもおすすめ。途中下車すれば… 続きを読む



プラハ一望!巨大な銅像を持つ丘の上の記念館

[2009/12/25] 有賀みかる

プラハの中心からそう離れていないジシコフという地区の高台に、ひときわ目立つ巨大な建物があります。ヴィートコフ記念館と呼ばれ、1930年代にチェコスロヴァキア独立を記念して建てられたもので、チェコの歴史を振り返る上で見逃せない場所です。この丘が選ばれた理由のひとつは、時は中世15世紀初めまでさかのぼり、チェコの宗教改革の最重要人物、ヤン・フス(異端として1419年火刑に処された)を熱狂的に支持するフス派の15年に渡る戦争勃発の場所として知られる場所、いわば外国からの解放の象徴とされたからのようです… 続きを読む



プラハを一望! 夜景も美しいジシコフ地区のTV塔

[2009/09/23] 有賀みかる

プラハは中世の街並み、古い建築の多い街ですが、そのほぼどこからも見える奇妙なグレーの目立つ塔があります。プラハ城からもよく見えるのでおとぎ話のような赤い屋根屋根の街並みを壊している、という意見もよく聞くジシコフ地区にあるTV塔がそれ。高さ216m、海抜474mを誇るプラハで最も高い場所のひとつ。共産党政権時代末期から取り掛かり、革命を経て1992年に完成、その後何度も取り壊し計画が浮上したものの、2000年には若手人気彫刻家ダヴィッド・チェルニーが手がけた巨大赤ちゃん像が塔の外側を飾り、独特の存… 続きを読む



プラハ城の見える丘に立つ眺望レストラン&アパートメントホテル

[2009/06/11] 有賀みかる

夏が短いヨーロッパ、暖かい季節はオープンエアでカフェや食事をするのが地元民の日常のささやかな楽しみ。チェコも例外ではなく、どうってことのない居酒屋でも中庭がオープンしたり、通りに面してテラス席を出したり、とこぞって外に座りたがります。この時期にいらっしゃる予定の皆さんにも是非ともおすすめしたい外ビール。プラハ城の見えるレストランはたくさんあれど、ペトシーンの丘というさらに自然たっぷりの高台に位置するレストラン、ネボジーゼク(Nebozizek)は、観光客のみならず、この時期地元民にも人気の眺望レ… 続きを読む



1916年創業の歴史あるデリカテッセン「Jan Paukert」で美味しいひと時を

[2009/03/23] 有賀みかる

チェコのパン屋さんやデリカテッセンをのぞくと、ショーケースに必ずといっていいほど並んでいるのが「フレビーチェク」と呼ばれるオープンサンド。コーヒーとともにカフェでいただいたり、小腹がすいたときにオフィスで、学校でおやつにしたり、見た目がきれいなので、クリスマスの訪問客のためのおもてなしとしても定番、誕生会や送別会など様々なパーティーでも頻繁に登場します。これをチェコで初めて“考案”したといわれているのが、1916年創業のプラハの歴史あるデリカテッセン、Jan Paukertというお店。昨秋鳴り物… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プラハ、おすすめ、カフェ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。