「プラハ、ショッピング、ブランド」に関連する現地ガイド記事

「プラハ、ショッピング、ブランド」に関連する現地ガイド記事

プラハ、ショッピング、ブランドに関する現地ガイド記事を集めました。プラハ、ショッピング、ブランドの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

狙い目はヨーロッパ発、普段着ブランド!プラハのバーゲンセールへ行こう♪

[2008/10/28] 有賀みかる

11月の声を聞くとプラハのショッピングセンターやお土産屋さんが混み出します。なぜなら、たいていのチェコ人はクリスマスプレゼントを家族みんなに、時にはひとりに複数の物を用意するからなんです。お店にとっては年に一度のかき入れ時。早いところではクリスマス前から始まるセール、最もお得にお買物できる時期はクリスマス後から年明けの1月頃。下げ幅はお店にもよりますが、30〜最大70%まで。クリスマスマーケットや街のイルミネーションもたいてい1月初めまで続いているので、日本でクリスマスを過ごしてから来たって間に… 続きを読む



プラハに大型ショッピングモール「パラディウム」登場!

[2007/11/27] 有賀みかる

ヨーロッパは日本と違ってお店の営業時間が短いのが悩み。ここプラハも一般的なお店は18時閉店が普通、土曜は午前中のみやってるところもたまにあれど、週末は基本的にお休み。最近はプラハ中心部で夜遅くまで営業する地下鉄Mustek(ムーステック)駅構内のアルベルト、Narodni trida(ナーロドニートシーダ)駅のテスコやAndel(アンジェル)のNovy Smichov(ノヴィースミホフ)といったショッピングセンターも増えてきましたが、10月末に共和国広場前にオープンしたPalladium(パラデ… 続きを読む



レトロなデパート、ビーラーラブチ(白鳥)百貨店でお土産探し!

[2007/10/10] 有賀みかる

プラハ・ルズィニィエ空港からのアクセスも便利な共和国広場。かれこれ2年以上建設中の巨大ショッピングモールが、2007年10月末にオープンするとあって、プラハっ子も注目のエリアです。でもこの周囲には、共産主義時代から今も細々営業しているレトロなデパートが2つあります。ひとつが、広場からすぐのコトヴァ百貨店。そしてもうひとつが、ナ・ポジーチー通りを少し入ったところにある、さらにレトロなビーラー・ラブチ(白鳥)百貨店。一応衣料品から家具まで、一通り揃った百貨店なのですが、明らかにお客より店員さんの方が… 続きを読む



使うたびにシアワセな香り!「ボタニクス」の天然ハーブ&フルーツソープ

[2007/08/13] 有賀みかる

観光名所、天文時計のある旧市街広場からティーン教会左脇の小道を入ると、ウンゲルトという地区があります。ここは中世、ヨーロッパの十字路であったプラハへ世界各地から商人たちが集った場所。時を経て21世紀の現在も、マリオネット屋さんはじめ、プラハっ子に人気のエベルカフェといったちょっとこだわりのお店があるエリア。なかでも「ボタニクス」は、アロマ&バスグッズ好きの女子は避けて通れません。日本では1個2000円前後もするブランド石鹸も、プラハではほぼ1/3の値段で手に入るのですから。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プラハ、ショッピング、ブランド」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。