「プラハ、トラム、地図」に関連する現地ガイド記事

「プラハ、トラム、地図」に関連する現地ガイド記事

プラハ、トラム、地図に関する現地ガイド記事を集めました。プラハ、トラム、地図の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

危機を乗り越えた「黒牛亭」にて、チェコの“ビール道”を体験

[2012/05/28] 有賀みかる

どこの国でも、国民的飲物とともに憩える場所ってありますよね。台湾なら茶荘で中国茶、香港なら飲茶、フランスならビストロでワイン...そしてチェコならもちろんホスポダ(ビールを飲ませるビアホールのこと)でビール! ビールの原料となる大麦、ホップ、そして良質の軟水の3拍子揃ったボヘミア地方(大まかにチェコの地図で言う左半分)は、まさにビールのために用意されていたとでもいうべき土地。味の決め手となるホップは日本でも栽培できますが、赤土と水はけの良さ、寒暖の差など細かな条件がぴたりと揃うジャテツ(ドイツ国… 続きを読む



超穴場! 地元民にも知られていないアンティーク家具屋さん

[2009/10/22] 有賀みかる

今回紹介するのは、地元のプラハっ子にもあまり知られていないであろうアンティーク家具屋さん。といってもトラムで中心から20分ぐらいのところにあるプラハ8区のリベンと呼ばれる地区で、地図さえあれば辿り着ける場所。トラムの停留所Libensky mostを降りてすぐ北側に、ヴルタヴァ川に半島のように突き出したリベン島があります。かつては様々な船を製造していた工場地区だったエリアで、今も決して賑やかではありませんが、その工場の建物跡を利用して、いくつか家具ショップができています。 続きを読む



国内旅も近隣諸国へもバス旅行ならここから 「プラハ・フロレンツバスターミナル」

[2009/07/22] 有賀みかる

「ヨーロッパのハート」と言われるチェコ。中欧に位置し、陸路で簡単に諸外国へ行けるのも魅力のひとつ。さほど広くないチェコ国内でも、例えばプラハにつぐ第二の都市ブルノは、プラハよりも距離的にはずっとウィーンに近かったり、人気のチェスキー・クルムロフもドイツやオーストリアの都市に近く、国の概念をとりはらって都市単位で地図を眺めてみると、電車やバスを乗り継いで中欧の都市をめぐるのは意外と簡単なことがわかります。そんなときに頼りになるのが大きなバスターミナル。ここまで辿り着けば、行きたいところへ自由自在に… 続きを読む



プラハで森林浴!自然いっぱいのストロモフカ公園をお散歩

[2009/06/24] 有賀みかる

共和国広場やプラハ本駅を通るトラム5番で終点のヴィースタヴィシュチェ(Vystaviste)駅で降りると、中心から約20分とかからないのに背の高い木々に囲まれた緑いっぱいの公園の一角で降ろされます。95ヘクタールという巨大な緑地に4つの池を持つこのストロモフカ公園、歴史は古く16世紀後半には神聖ローマ帝国皇帝のルドルフ2世が野生動物を放し飼いにしていたことから「王様の保護林」という別名が付いています。中心からより近いペトシーン公園やレトナー公園に比べると観光客比率はぐっと減り、地元民の憩いの森林… 続きを読む



飲兵衛見逃すべからず! 秋限定の美味なる飲物、ブルチャーク

[2008/08/22] 有賀みかる

夏の終わりから11月ぐらいにかけて、毎年チェコ人が心待ちにしている飲物があります。ブルチャークと呼ばれるそのベージュ色をした飲物、外見はあまり美味しそうには見えませんが、一口飲めばその不思議な美味しさに魅了されること間違いなし! まるでぶどうジュースのように飲みやすいのに、かすかな炭酸とぶどうの芳醇な香りがちょっと大人の味で、私は初めて口にしたときから大好きになりました。アルコールももちろん含んでいますが、ワインやお酒が苦手な人にも楽しみにしているファンがいる飲物です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プラハ、トラム、地図」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。