「プラハ、ネルドヴァ通り」に関連する現地ガイド記事

「プラハ、ネルドヴァ通り」に関連する現地ガイド記事

プラハ、ネルドヴァ通りに関する現地ガイド記事を集めました。プラハ、ネルドヴァ通りの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

プラハで探そう、気に入った自分の散歩道

[2017/11/01] 岸 博美

旧市街市場広場やカレル橋など、メジャーな道は常に観光客でいっぱい。朝早くから夜遅くまで人の波が絶えず、自己ペースで歩くのもままならないほどだ。そこでプラハが大好きで何度も訪れている人は、メジャーな観光コースを外れて裏道小道を散歩してみよう。ヴルタヴァ川の左岸、プラハ城下に広がるマラー・ストラナ地区は、17世紀以降に城を増改築する職人が住み着いた所。マラー・ストラナ広場から城へ上がっていくネルドヴァ通りは観光客で溢れているが、カレル橋を渡った右側に広がる地区は行き止まりの路地が多くて独特の風情があ… 続きを読む



プラハ城そばの小路、新世界通りとシュヴァンクマイエル監督のギャラリー

[2009/05/21] 有賀みかる

晴れた日の朝も、雪の日も、オレンジの街灯がともる夜も魅了してやまないプラハの小さな通り。なかでもとりわけ素敵な小路がプラハ城の近くにあります。新世界通りと呼ばれるこの通り、観光客で溢れるプラハ城から歩いてすぐですが、わかりにくい場所にあるので人通りはまばら。14世紀の半ばからプラハ城で働く労働者たちが住んでいたと言われるエリアですが、今やプラハ一の高級住宅街。映画監督や音楽家、写真家といったチェコの芸術家が多く居をかまえている通りでもあります。 続きを読む



プラハでの極上の過ごし方はやっぱり、夕暮れの石畳散歩☆

[2008/08/27] 有賀みかる

チェコ語の学校に通っていたとき、世界中から集まっているクラスメートとプラハの魅力について語る機会がよくありました。「夜のオレンジ色の光に照らされた石畳の舗道を歩くのがとにかくシアワセ」と言う私の意見に、同じヨーロッパから来てる友達たちが強く賛成してくれたのが意外でした。プラハは欧州人も憧れる古きよき石畳の街なのね、と実感。旧市街や小地区(マラー・ストラナ)の迷路のような小路を、人気がひいてひっそりした夕暮れから夜にかけてあてどなく歩くこと。お金はかからないのに一番贅沢な過ごし方といえるかも。 続きを読む



映画にもCMにも頻出!プラハ城周りの素敵な階段あれこれ

[2008/07/11] 有賀みかる

私が日本に住んでいたときに通っていた赤坂周辺は、都会ながら小さな階段や坂が多くてたびたび撮影を見かけました。坂道や階段って、それだけでなんだか絵になりますよね? ここプラハでもプラハ城近くにそんな階段、新王宮階段(新登城道)があります。日本のCM撮影にも秘かな人気。記憶に新しいところではドラマ「のだめカンタービレ」にも出てきました。幼少の頃の千秋様がタキシード姿で駆け下りているシーンで知名度も全国区になったこの階段、プラハ城のすぐ南にあるのでお城観光ついでに、いやこの階段のためだけに訪れる価値の… 続きを読む



ネルドヴァ通りの手作りマリオネット屋さん

[2008/04/03] 有賀みかる

チェコといえば、人形劇やパペットアニメが有名。せっかくチェコを訪れるからには、おみやげに本場のマリオネットがほしい、という方もいらっしゃるはず。プラハにはいくつかよいお店がありますが、そのうちのひとつ、ネルドヴァ通りにある手作りマリオネットショップを紹介します。ネルドヴァ通りのゆるやかな上り坂をプラハ城に近いところまでいった左手に、二つの太陽のレリーフがひときわ目立つ黄色い建物が見えてきます。ここはチェコの有名な詩人ヤン・ネルダが住んでいた家。現在1Fはレストラン、そのすぐ隣がマリオネットショッ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プラハ、ネルドヴァ通り」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。