「プラハ、マリオネット、土産」に関連する現地ガイド記事

「プラハ、マリオネット、土産」に関連する現地ガイド記事

プラハ、マリオネット、土産に関する現地ガイド記事を集めました。プラハ、マリオネット、土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

最新チェコ・ポップを探すならココ、Bontonlandへ

[2009/07/16] 有賀みかる

チェコはスメタナやドヴォルザークを生み、モーツァルトやマーラーといった世界的に有名な音楽家との縁も深く、本格的なオペラ会場がプラハだけでも3つあり、日本からの音楽留学生も少なからず、という音楽大国のひとつ。でもクラシックだけではありません。ジャズやロック、フォークやロマのグループ、チェコ語で歌ういわゆるチェコ・ポップの歌手やグループも国外にはあまり知られていないけれどよく聞かれています。そんな音楽CDを買って帰りたい、という方に一番便利なのがヴァーツラフ広場にあるボントン・ランドというお店。 続きを読む



手に馴染む、昔ながらのチェコの木製おもちゃをお土産に

[2008/12/17] 有賀みかる

チェコは、優れた木製おもちゃがあることで知られています。特に幼児用のおもちゃは、口にいれてしまうことを考慮して自然派が人気ですが、チェコのおもちゃはまさにうってつけ! 木製の積み木、乗り物、動物たち…幅広い品々に、さすがマリオネットの国、と感心します。なかでもいろんな仕掛けのあるおもちゃが面白い。電力を使わずとも、ゆるやかな坂をカタカタのんびり歩くなんともユーモラスな動物シリーズや、垂直に木をつついて少しずつ落ちていく啄木鳥(きつつき)のおもちゃなど、思わず笑みがこぼれる素朴なもの多数。  続きを読む



今年650周年のカレル橋、上から見るか、横から見るか

[2007/08/22] 有賀みかる

ヴルタヴァ川に架かるプラハ最古の石橋、カレル橋は、観光都市プラハの中でも一番のシンボル。プラハ城下のお屋敷街、小地区(マラー・ストラナ)と旧市街(スタレー・ムニェスト)をつなぐ、街の中心です。その昔は通行料を徴収したこの橋も、今は歩行者天国。お土産屋、似顔絵描き、マリオネットを操って見せたり、音楽を奏でたり、常にお祭り広場のよう。昼間は賑やかだったこの場所は、夜も観光客が途切れることはありません。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プラハ、マリオネット、土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。