「プラハ、人形劇」に関連する現地ガイド記事

「プラハ、人形劇」に関連する現地ガイド記事

プラハ、人形劇に関する現地ガイド記事を集めました。プラハ、人形劇の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

プラハ城そばの小路、新世界通りとシュヴァンクマイエル監督のギャラリー

[2009/05/21] 有賀みかる

晴れた日の朝も、雪の日も、オレンジの街灯がともる夜も魅了してやまないプラハの小さな通り。なかでもとりわけ素敵な小路がプラハ城の近くにあります。新世界通りと呼ばれるこの通り、観光客で溢れるプラハ城から歩いてすぐですが、わかりにくい場所にあるので人通りはまばら。14世紀の半ばからプラハ城で働く労働者たちが住んでいたと言われるエリアですが、今やプラハ一の高級住宅街。映画監督や音楽家、写真家といったチェコの芸術家が多く居をかまえている通りでもあります。 続きを読む



ネルドヴァ通りの手作りマリオネット屋さん

[2008/04/03] 有賀みかる

チェコといえば、人形劇やパペットアニメが有名。せっかくチェコを訪れるからには、おみやげに本場のマリオネットがほしい、という方もいらっしゃるはず。プラハにはいくつかよいお店がありますが、そのうちのひとつ、ネルドヴァ通りにある手作りマリオネットショップを紹介します。ネルドヴァ通りのゆるやかな上り坂をプラハ城に近いところまでいった左手に、二つの太陽のレリーフがひときわ目立つ黄色い建物が見えてきます。ここはチェコの有名な詩人ヤン・ネルダが住んでいた家。現在1Fはレストラン、そのすぐ隣がマリオネットショッ… 続きを読む



プラハならでは! マリオネットでオペラ『ドン・ジョヴァンニ』を♪

[2008/02/01] 有賀みかる

“オペラの中のオペラ”と言われるモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』。このオペラ、プラハなくしては生まれなかった作品と言えるでしょう。前作『フィガロの結婚』はウィーンであまり評判にならなかったのに比べ、プラハでは大成功、すっかり気をよくしたモーツァルトがプラハからの依頼に応えた次の作品が『ドン・ジョヴァンニ』で、旧市街広場から程近いスタヴォフスケー劇場(エステート劇場)にてワールド・プレミアを飾りました。映画『アマデウス』(監督はアメリカへ亡命したチェコ人のミロシュ・フォアマン)のオペラ・シーン… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プラハ、人形劇」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。