「プラハ、噴水」に関連する現地ガイド記事

「プラハ、噴水」に関連する現地ガイド記事

プラハ、噴水に関する現地ガイド記事を集めました。プラハ、噴水の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

プラハで探そう、気に入った自分の散歩道

[2017/11/01] 岸 博美

旧市街市場広場やカレル橋など、メジャーな道は常に観光客でいっぱい。朝早くから夜遅くまで人の波が絶えず、自己ペースで歩くのもままならないほどだ。そこでプラハが大好きで何度も訪れている人は、メジャーな観光コースを外れて裏道小道を散歩してみよう。ヴルタヴァ川の左岸、プラハ城下に広がるマラー・ストラナ地区は、17世紀以降に城を増改築する職人が住み着いた所。マラー・ストラナ広場から城へ上がっていくネルドヴァ通りは観光客で溢れているが、カレル橋を渡った右側に広がる地区は行き止まりの路地が多くて独特の風情があ… 続きを読む



世界遺産の城があるモラヴィアの小都市クロムニェジーシュ

[2017/06/10] 岸 博美

プラハには何度でも訪れるチェコ好きトラベラーでも、モラヴィア地方まで足を運ぶ人はそう多くない。しかしモラヴィアには古い歴史の町がたくさんあり、世界遺産の数も多い。プラハはじっくり見学したので、次はどこへ行こう?と迷ったのなら、是非モラヴィア地方の町を訪れてみよう。起点となる都市はブルノ。プラハに次ぐチェコ第二の都市だ。ここを起点に日帰り可能な世界遺産の町なら、まずはクロムニェジーシュをお薦めしたい。ブルノからは電車でもバスでも1時間半ほどだ。クロムニェジーシュ駅に着いたときに必ず帰りの電車時刻を… 続きを読む



夜の噴水ショーが幻想的☆美しいプラハの産業宮殿

[2009/05/13] 有賀みかる

プラハの中心地からそう遠くないプラハ7区、ヴィースタヴィシュチェと呼ばれるエリアに、産業博覧会場として当時チェコで最初の鉄とガラスでできた建物、産業宮殿があります。規模はだいぶ小さいですが、現在も幕張メッセのように様々なジャンルの展示会場として使われています。その周囲は1960年から続く伝統の移動遊園地がやってくる場所として子供たちに親しまれ、またプラハに多いアール・ヌーヴォー建築のさきがけとして名高いメイン・ホール裏の屋外スペースでは、暖かい季節になると毎晩行われる噴水ショーでも人気です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プラハ、噴水」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。